中学英語・ちょっと復習-to V (to不定詞) の用法 その5-to V [to不定詞]の名詞的用法 Ving [動名詞]

中学英語・ちょっと復習-to V (to不定詞) の用法 全9回



to V (to不定詞) の名詞的用法 がわからない人は、次のページを復習して来て下さい。

中学英語・ちょっと復習-to V (to不定詞) の名詞的用法

Ving[動名詞] がわからない人は、次のページを復習して来て下さい。

中学英語・ちょっと復習-Ving (動名詞)

● もし、Ving[動名詞]Ving[現在分詞] の違いがわからない人は、次のページを復習して来て下さい。

中学英語・ちょっと復習-Ving[現在分詞・動名詞] の用法 1 ~ 3



to V (to不定詞の名詞的用法)」と「Ving (動名詞)」は、両方とも「Vすること」と和訳できます。

しかし、和訳は同じでも、イメージが違います

to V
Vすることに向かって、Vすることに到達して、というイメージ
未来志向が強い
Ving
実際に何かをやっているイメージ
現実志向が強い

そういうわけですから、

1. to V しか使えない場合
2. Ving しか使えない場合
3. どちらも使えて(微妙な差はあるが)ほぼ意味が同じ場合
4. どちらも使えるが意味が全く違う場合

の、4パターンがあります。



主語に使う場合

どちらも使うことができます

けれども、圧倒的にVing」のほうがよく使われています

皆さんは、こちらから英語を発信する場合(英作や会話)は、Ving」のほうを使うほうが無難です

1. To play tennis is fun. ()
1.Playing tennis is fun. ()
1. テニスをすることは楽しい。
2. To speak French is easy. ()
2.Speaking French is easy. ()
2. フランス語を話すことは簡単だ。



仮[形式]主語 「It」 を使う場合

どちらも使うことができます

It is ~ to V
Vすることは~だ
It is ~ Ving
Vすることは~だ

けれども、上記の主語に直接置く場合とは正反対で、to V」のほうが圧倒的に多く使われています

Ving」を使うのは、限られた特殊な場合だけです。

皆さんは、こちらから英語を発信する場合(英作や会話)は、、to V」を使うほうが無難です

3. It is fun to paly tennis. ()
4. = It is fun playing tennis. ()
4. テニスをすることは楽しい。

4. It is easy to speak French. ()
3. = It is easy speaking French. ()
43 フランス語を話すことは簡単だ。

Ving には相性がありfunVing相性がいいので () がついていますが、easy相性が最低で、文章ではまず使われません。

It is ~ Ving は特殊なので、別ページ(高校英語)で解説します。お待ちください。

It is ~ Ving (仮[形式]主語と動名詞) (中・上級向け)

It is ~ (for A) to V」 はこちらのページに詳しい解説があります。



be動詞の補語に使う場合

どちらも使うことができます

これからする未来の「Vすること」は → 「to V
現にやっている「Vすること」 は→ 「Ving

好まれます

5. My dream is to become a doctor. ()
5.My dream is becoming a doctor. ()
5. 私の夢は医者になることです。
6. One of my hobbies is to play tennis. ()
6.One of my hobbies is playing tennis. ()
6. 私の趣味の一つはテニスをすることです。



他動詞の目的語に使う場合

この場合が一番難しいですね。

最初に書いた4パターンが全て出て来ます。

1. to V しか使えない場合
2. Ving しか使えない場合
3. どちらも使えて(微妙な差はあるが)ほぼ意味が同じ場合
4. どちらも使えるが意味が全く違う場合


中学レベルでは、1. ~ 3.簡単なものしか学習しません。

今回は中学+高1の1学期までの復習ですから、4. も加えて初歩的なものだけに限定します。

詳しくは「高校英語」で後に解説しますから、それまでお待ちください。.

他動詞の目的語に使われている場合は、「Vすること」直訳すると日本語にならないことが多いです。

文型として丸暗記するほうが実戦的でしょう。



1. to V しか使えない場合

want to V
Vするこを望む → Vしたい、Vしたがっている
would like to V
Vすることを望む → Vしたいと思っている
(want to V丁寧形)
hope to V
Vすることを望む → Vしたいと願う
decide to V
Vすることを決意する、Vしようと決心する
promise to V
Vすることを約束する → Vすると約束する
learn to V
Vすることを習得する → Vできるようになる



2. Ving しか使えない場合

enjoy Ving
Vすることを楽しむ → Vして楽しむ
stop Ving
Vすることをやめる → Vするのをやめる
finish Ving
Vすることを終える → Vし終える
give up Ving
Vするのをあきらめる、(習慣的に)Vすることをやめる
practice Ving
Vする(ことを)練習する



3. どちらも使えて(微妙な差はあるが)ほぼ意味が同じ場合

like to Vlike Ving
Vすることが好きだ
love to Vlove Ving
Vすることが大好きだ
start to Vstart Ving
Vすることを始める → Vし始める
begin to Vbegin Ving
することを始める → Vし始める
continue to Vcontinue Ving
Vすることを続ける → Vし続ける



4. どちらも使えるが意味が全く違う場合

この場合、中学レベルでは少し難しすぎるのですが、高校英語につなげるため無理して覚えて頂きます

try to V
Vしようと(努力)する、Vするよう努める
try Ving
Vすることを試す → (試しに)Vしてみる

try to V については、このページを参考にしてください。

remember to V
Vすることを覚えておく → 忘れずVする
remember Ving
Vしたことを覚えている

forget to V
Vすることを忘れる → Vし忘れる
forget Ving
Vしたことを忘れる

need to V
Vすることを必要とする → Vする必要がある
need Ving
Vされる必要がある



上のリストを丸暗記してください。

単に英語から日本語、日本語から英語ではダメです。

4つのグル―プに分類できて、さらに動詞をリストアップして、意味を言えるまで練習してください。

白紙のノートか紙に、4つのグループを書き、動詞のリストを列挙して、意味を言えるまで何度も練習してください。

高校編になると、グループ分けは同じで、リストの数が大幅に増えます



覚えましたか?

では、次の日本語を英語にしてください。

to VVing が両方使える場合は、両方とも英語にしてください。

上のリストの順番ではなくて、わざと順不同に並べてあります

07. 私はいつかカナダに行くことを望んでいます。
08. 私たちはサッカーをして楽しんだ。
09. あなたは彼と結婚することを決心しましたか。(現在完了で)
10. a) ミルクを買うことを覚えておいてください。
10. a. =忘れずミルクを買ってください。
10. b) 私は子供の時京都を訪れたことを覚えている。
11. 君とダンスをしたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

07. I hope to go to Canada some day.
08. We enjoyed playing soccer.
09. Have you decided to marry him?
10. a) Please remember to buy milk.
10. b) I remember visiting Kyoto when I was a child.
11. I want to dance with you.


12. 君とダンスをしたいのですが。(ていねい)
13. 私はもうその車を洗い終えました。(現在完了で)
14. 私はピアノを弾くのが好きだ。
15. a) 私は納豆を食べようと(努力)したが、食べれなかった。
15. b) 私は納豆を食べてみた、するとおいしかった。
16. 私は勉強するのをやめて音楽を聴いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12. I'd like [=I would like] to dance with you.
13. I've [=I have] already finished washing the car.
14. I like to play the piano.
14.I like playing the piano.
15. a) I tried to eat natto, but I couldn't.
15. b) I tried eating natto, and it was good.
16. I stopped studying and listened to music.


17. a) 私は彼と会ったことは決して忘れません。
17. b) ミルクを買うのを忘れないでね。
18. 彼は昼食を食べ始めた。
19. 私は10年前に煙草を吸うのををやめた。
20. 君は英語を話す練習をしたほうがいい。
21. a) 私は私の車を修理する必要がある。
21. a) repair O [リア] ;: Oを修理する
21. b) 私の車は修理される必要がある[=修理が必要だ]。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

17. a) I'll never forget meeting him.
17. b) Don't forget to buy milk.
18. He began to eat lunch.
18.He began eating lunch.
18.He started to eat lunch.
18.He started eating lunch.
19. I gave up smoking 10 years ago.
20. You should practice speaking English.
21. a) I need to repair my car.
21. b) My car needs repairing.


22. 彼は来ると約束した。
23. 私は一生懸命勉強し続けた。
24. あなたはすぐに英語が上手に話せるようになるでしょう。
25. 私は食べることが大好きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

22. He promised to come.
23. I continued to study hard.
23.I continued studying hard.
24. You'll [=You will] learn to speak English well soon.
25. I love to eat.I love eating.



前置詞の目的語に使う場合

Ving だけが使われます。

to V は使われません。

この場合も「Vすること」と直訳しない場合が多いので、個々に暗記しておく方がよいでしょう。

中学レベルのものを列挙しておきますから暗記して下さい。

後に、「高校英語」で、もっとたくさんのリストを挙げます。



by Ving
Vすることによって → Vして
for Ving
Vするために
before Ving
Vする前に
after Ving
Vした後に
without Ving
Vすることなしに → Vしないで
be good at Ving
Vすること[するの]が上手だ、得意だ
be fond of Ving
Vすること[するの]が好きだ
Thank you for Ving
Vしてくれてありがとう
be interested in Ving
Vすることに興味がある[を持っている]
How about Ving ?
Vするのはどうでしょう、Vしてはどうでしょう
think of Ving
Vしよう(か)と思う
look forward to Ving
Vするのを楽しみに待つ、楽しみにしている

高校レベルになると数が大幅に増えるので、これくらいは是非とも覚えておいてください



では、例文です。

26. I made this bird by using paper.
26. 私は紙を使うことによって[→ 紙を使って]この鳥を作った。
27. This room is used for reading books.
27. この部屋は本を読むために[読書用に]使われています。
28. I finished my homework before watching TV.
28. 私はテレビを見る前に宿題を終わらせた。
29 . I watched TV after fnishing my homeaork.
29. 私は宿題を終わらせた後テレビを見た。
30. He went out of the room without sayng goodbye.
30. 彼はさよならを[も]言わないで部屋から出て行った。
31. I am good at singing.
31. 私は歌うのが得意[上手]だ。
32. He is fond of eating.
32. 彼は食べることが好きだ。
33. Thank you for coming.
33. 来てくれてありがとう。
34. I am interested in studying history.
34. 私は歴史を勉強する[研究する]ことに興味がある。
35. How about going fishing tomorrow?
35. go fishing : 釣りに行く
35. 明日釣りに行くのはどうでしょう。 → 釣りに行きませんか。
36. I'm thinking of traveling to Canada.
36. 私はカナダを旅行しようかと考えている。
37. I am looking forward to seeing you.
37. 私はあなたに会えるのを楽しみにしています。

一番最後の例文は to に惑わされて to see にしないように気をつけましょう。



いつもならここで暗記用の例文をまとめるのですが、今回は例文の数が多すぎるので別ページにします。

お疲れ様でした。m(__)m


暗記用まとめのページに行く

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次 (中・上級者向け-高校英語)



2016/08/15 07:12 [edit]

category: 中学英語・ちょっと復習

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top