FC2ブログ

前置詞 + Ving [動名詞]-(4) for Ving を含む、動詞・形容詞の文型

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

動名詞 [Ving] の用法-総合目次



(4) for Ving を含む、動詞・形容詞の文型

次の例文を見てみましょう。

I got a ticket for ignoring a red light.
get a ticket : 交通違反切符をもらう[切られる]
ignore a red light [イグノー] : 赤信号を無視する = drive[go][pass] through a red light
私は赤信号を無視したという理由で交通違反切符を切られた。
私は赤信号を無視したことに対して交通違反切符を切られた。
私は赤信号を無視したことに対する罰として交通違反切符を切られた。
→ 私は信号無視をして切符を切られた。

この例文の for Ving は、一般的な目的ではなく次のような意味を表しています

Vしたという理由で
Vしたことに対して
Vしたことに対する報酬・報い・償い[つぐない][罰]として

これらは単独で使われることは少なくて、次のように、特定の動詞や形容詞と組み合わせて使われることが多いです。

動詞・形容詞の文型として覚えてしまいましょう



thank 人 for Ving [ンク]
Vしてくれたことで人に感謝する

praise 人 for Ving [イズ]
Vしたことで人をほめる

blame 人 for Ving [イム]
Vしたことで人を非難する

punish 人 for Ving [ニシュ]
Vしたことで人を罰する

arrest 人 for Ving [スト]
Vしたことで[罪で]人を逮捕する

pay 人 金 for Ving []
Vしてくれたことで[報酬として]人に金を払う
a reward for Ving
Vしたことに対する報酬

reward 人 for Ving [ウォー]
Vしてくれたことに対して報いる[報酬を与える]

excuse 人 for Ving [イクスキュー]
Vしたことに対して人を許す

forgive 人 for Ving [フォ]
Vしたことに対して人を許す

be grateful [thankful] (to 人) for Ving [イトフル] [ンクフル]
Vしたことに感謝している
Vしてくれたことで人に感謝している



重要なのは、これらの文型の Ving意味が、基本的に 「Vすること」 ではなく Vしたこと という意味になっていることです。

本来、もうすでに終わっている行為 = 「Vしたこと」 は、 having Vpp[過去分詞] という形の「完了動名詞」で表すのですが、文脈で明らかな場合は、「単純動名詞」の Ving代用できるのです。

参考ページ



thank 人 for Ving(Vしたことで人に感謝する)で例を挙げます。

本来は、完了動名詞を使って、

Thank you for having invited me to the party.
私をパーティーに招待してくれたことに対してあなたに感謝します。
→ パーティーに招待していただいてありがとう。

となるはずですが、実際は、単純動名詞を使う

Thank you for inviting me to the party.

十分なのです。



では、例文を1つずつ挙げますから、覚えてしまいましょう

数が多いので、分割して紹介します。

1. Thank you for inviting me to the party..
2. The boy was praised for giving his seat to an elderly person.
2. elderly [ルダリ] = old.
3. He blamed me for breaking his bike.
4. He was punished for cheating on the exam.
4. cheat on an exam [チー] : 試験でカンニングをする
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1. パーティーに招待していただいてありがとう。
2. その少年はお年寄りに席を譲ったことでほめられた。
3. 彼は自転車を壊したことで私を責めた。
4. 彼は試験でカンニングをしたことで罰せられた。

5. The police arrested the man for carrying a shotgun.
5. carry O : Oを携帯する、Oを持ち歩く
6. I paid him 10 dollars for fixing my bike.
6. fix O [フィクス] : Oを修理する
7. I rewarded the boy for finding my lost cat.
7. I gave the boy 10,000 yen as a reward for findind my lost cat.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5. 警察はショットガンを所持していた罪ででその男を逮捕した。
6. 私は自転車を修理してくれたことに対して彼に10ドル支払った。
7. 私は迷子の猫を見つけてくれたことに対してその男の子に褒美[ほうび]をあげた。
7. 私は迷子の猫を見つけてくれたことに対してその男の子に褒美として10ドルをあげた。

8. Excuse me for being late.
9. I will never forgive you for cheating me.
9. cheat 人 [チー] : 人をだます
10. I'm grateful to you for helping me out.
10. help 人 out : 人を助ける、手伝う(out は強調)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8. 遅れたことに対して私を許してください。
8. → 遅れてすみません。
9. 私をだましたことで君を絶対許しはしない。
10. 私を助けてくれたことで君に大いに感謝しています。



もちろん、このような文型のすべてが 「Vしたこと」 という意味になるとは限りません

あくまで文脈で明らかな場合に限ります。

次の2例注意しましょう。

be responsible for Ving [リスンサブル]
Vすること[Vしたこと]に対して責任がある

You are responsible for taking care of your children.
君はは自分の子供の世話をする責任がある。
You are responsible for breaking the vase.
= You are responsible for having broken the vase.
君は花びんを壊したことに(対して)責任がある。

前者「Vすること」後者「Vしたこと」 という意味になります。



次回-前置詞 + Ving [動名詞]-(5) without Ving / instead of Ving

動名詞 [Ving] の用法-総合目次


2018/03/05 07:00 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top