to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その2

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

前回から、全用法to 不定詞 [to + V] の表す総点検しています。

少し時間がかかりそうですが、復習のつもりで気長にお付き合いください。 (^-^)



[副詞的用法]

[目的]

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-目的

4. a. I am studying very hard to pass the exam for Todai.
4. a. 私は東大の試験に合格するために一生懸命勉強しています。
4. b. I got up early to catch the first train.
4. b. 私は始発電車に間に合うように早く起きた。
4. c. Ken came to see me this morning.
4. c. 今朝、ケンが私に会いに来た。

[目的] を表す to V「時」 は、明らかに 未来 ですね。



[感情の原因]

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-感情の原因

5. a. I am glad to meet you.
5. a. (私は)あなたにお会いできてうれしいです。
5. b. She looked sad to hear the story.
5. b. 彼女はその話を聞いて悲しそうに見えた。

Vすることに到達してそれが原因で喜んだり悲しんだりするのですから、「Vする行為は直前に終わっている」「同時」 かどちらかですから、ほぼ 「同時 と言えます。

さらに詳しい説明は、次のページの 「補講 2」 を参考にしてください。

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-感情の原因-補講 2



[形容詞限定]

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-形容詞限定 その1

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-形容詞限定 その2

6. a. This book is easy to read.
6. a. この本は読むのが簡単だ[読み易い]。
6. b. This river is dangerous to swim in.
6. b. この川は泳ぐと危険です。
6. c. This flower is beautiful to look at.
6. c. この花は見るには[見て]美しい。

この用法to V「時」微妙ですねえ・・・ (・_・;)

例えば b. は、「泳いだ時点で危険だ」 と解釈すれば 同時 ですが、「もし泳いだら危険だ」 と解釈した場合は to swim 自体未来 とも考えれますし・・・

結局、[形容詞限定]to V は、形容詞の意味の範囲を限定 するだけで、「時の観念」意識する必要はないのかもしれません。



[判断の根拠]

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-判断の根拠 その1

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-判断の根拠 その2

7. a. Ken was kind to give his seat to the elderly woman.
7. a. = It was kind of Ken to give his seat to the elderly woman.
7. a. その年配の女性に席を譲るとは[譲るなんて]ケンは親切だった。
7. b. You were careless to leave your umbrella on the train.
7. b. = It was careless of you to leave your umbrella on the train.
7. b. 電車に傘を置き忘れるとは[なんて]君も不注意だったね。

「Vすることに到達るとは[するなんて」「親切だった」「不注意だった」判断しているのですから、Vする行為はすでに終わっている「ほぼ同時 かのどちらかです。

文脈で十分判断できるので、「すでに終わっている行為」 でも、単なる to V で十分ですが、次のように 「完了不定詞 = to have Vpp を使って、すでに終わっている行為を明示する場合もたまにあります。

c. I was foolish to have bought such a car.
c. = It is foolish of me to have bought such a car.
c. そんな車を買ったなんて私は馬鹿だった。
c. I was foolish to buy such a car.
c. = It is foolish of me to buy such a car.
c. そんな車を買うなんて私は馬鹿だった。



[結果]

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-結果

8. a. He grew up to be a great scientist.
8. a. 彼は成長して立派な科学者になった。
8. b. I woke up one morning to find myself famous.
8. b. 私はある朝目を覚ますと(その結果)自分が有名になっているのがわかった。
8. b. → 私はある朝目を覚ますと有名になっていた。
8. c. I ran to the station(,) only to miss the last train.
8. c. 私は駅まで走って行ったが(その結果)最終電車に乗り遅れただけだった。

例えば、 8. a. は、「立派な科学者になること[という結果]に向かって成長した」 又は 「成長して(その結果)立派な科学者になることに到達した」 と解釈できます。

どちらに解釈しても to V「時」 は、述語動詞の 「時」 より = 未来 です。



[条件]

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-条件

9. a. To hear him sing, you would take him for a girl.
9. a. 彼が歌うのを聞いたら、君は彼を女の子だと思うだろう。
9. b. My grandfather in America would be glad to hear the news.
9. b. アメリカにいる私の祖父がその知らせを聞いたら喜ぶだろうな。

文全体としては、仮定の文なので 「未来」 のように感じられます。

しかし、「彼が歌を歌うのを聞いて」「彼を女の子と思う」「その知らせを聞いて」「喜ぶ」 のですから、「直前」「ほぼ同時 と解釈してもいいかと思われます。




次回-to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その3


to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

2017/03/07 19:01 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top