to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その1

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次



皆さん、to 不定詞 = to V[動詞の原形] が、いつの時を表しているか?意識したことはありますか。

「Vするために」(副詞的用法) とか 「Vするための」(形容詞的用法) とか 「Vすること」(名詞的用法) という、訳語用法は覚えたけれど、「to V がいつの時を表しているか?」という疑問はついぞ浮かばなかった、という人が大半ではないかと思います。

今回は、to V がどんな時を表しているか? という疑問を追求してみようと思います。

その際、もうすでに別のページで紹介していますが、完了不定詞 = to have Vpp[過去分詞] についても説明します。



これまで、to 不定詞 [to + V]基本的な用法順番に詳しく説明してきました。

もう少し続きがありますが、基本的な用法はほぼ終了しましたから、それらの用法の復習も兼ねて目次の順に 「to + V が表す時」 を総点検していきましょう。

目次の順に、手抜きなくすべて点検していきます。

少し長い説明になるかもしれませんが、復習だと思って最後までお付き合いくださいm(__)m



to 不定詞 [to + V(動詞の原形)] の用法-導入

上記のページで、次のような基本イメージを紹介しました。

to V の基本イメージ
Vすることに向かって

Vすることに到達して




読者の中には、英語を専門に研究された方もいらっしゃるかと思うので、念のために付け加えておきます

Vすることに向かって という基本イメージは、他のサイトや参考書類にも書かれている通り、誰もが認める基本イメージだと思います。

でも、少し勉強すれば誰でも気付くことですが、Vすることに向かって だけでは、to 不定詞 = to V[動詞の原形]用法をすべて説明することはできません

Vすることに向かい合って という基本イメージですべてを説明しようという試みもあるようですから、それも検討しました。

結局、1つのイメージですべて説明するのは断念して、最終的に、2つイメージで説明することにしました

Vすることに到達して という基本イメージは、生徒に説明するために便宜上私が勝手に作成したものなので、何の学術的裏付けもありませんから、「証拠の文献を示せ」 などというコメントは控えるようにお願いします



本題に戻ります。

to V の基本イメージ の表す「は、次のように考えると分かりやすいと思います。

Vすることに向かって
Vするか[したか]どうか不明 → 「述語動詞の時」 より 未来
Vする[した]ことを暗示 → 「述語動詞の時」 より 未来

Vすることに到達して
直前にVした → 「述語動詞の時」 と 「(ほぼ)同時
今Vしている → 「述語動詞の時」 と 同時
結果的にVする[した] → 「述語動詞の時」 と 「(ほぼ)同時
結果的に後でVする[した] → 「述語動詞の時」 より = 未来


では、全用法を順番に点検していきましょう

Let's get started ! (^-^)



[be to V]

to 不定詞 [to V] の用法-be to V の用法 その1

1. a. The President is to visit Japan next year. (予定)
1. a. 大統領は来年日本を訪問することになっている[訪問する予定だ]。
1. b. You are to come by 9 o’clock. (義務)
1. b. あなたは9時までにここに来なければならない(ことになっている)。
1. c. My car was not to be found anywhere. (可能)
1. c. 私の車はどこにも見つけられることができなかった → 見つからなかった。
1. d. He was never to see his homeland again. (運命)
1. d. 彼は二度と再び故郷を見ない運命だった。
1. e. If you are to succeed, you must try harder. (意図)
1. e. もし成功するつもりなら[成功したければ]、もっと一生懸命努力しなければいけない。

a. (予定) b. (義務) d. (運命) e. (意図)to V は明らかに 「未来志向」 で、「述語動詞の時」 よりも 未来 のことを表しています。

しかし、c. (可能)to V だけは 「未来志向」 ではありません。

「見つけられることに到達しなかった」 → 「見つからなかった」 というわけですから、「述語動詞の時」 と同時 です。



[形容詞的用法]

to 不定詞 [to V] の用法-形容詞的(名詞限定)用法

「形容詞的用法」to V は、 未来」 を表す場合が多いですが、 同時」 を表す場合もかなりあります

to 不定詞 [to V] の用法-be to V の用法 その2

上記のリンクのページで説明したように、「形容詞的用法」to V には、 be to V「義務」 「予定」 「可能」意味が隠れていることがあります。

「義務」 「予定」 の意味が含まれている場合は、未来
「可能」 の意味が含まれている場合は、同時
を表していると考えられます。

例文検証してみましょう。

2.
a. We have nothihg to eat.
a. 私達には食べるものが全くない。。
= We have nothing (that) we can eat.
と言い換えることができますから、to eat の時は 同時 です。

b. Do you have anything to do tonight?
b. 今晩何かすることありますか?
= Do you have anything (that) you should [have to] do tonight?
= 今晩何かすべき[しなければならない]ことがありますか。
= Do you have anything (that) you are going [planning] to do tonight?
= あなたは今晩何かする予定のことはありますか。
と言い換えることができますから、to do の時は 未来 です。

c. I have a lot of books to read this week.
c. 今週は読まなければならない本がたくさんあります。
= I have a lot of books (that) I should [have to] read this week.
と言い換えることができますから、to read の時は 未来 です。

d. There are a lot of books to read in this room.
d. この部屋には読む本がたくさんある。
= There are a lot of books in tihis room (that) you can read.
と書き換えることができますから、to read の時は c. とは違い同時 です。

e. I have only a few friends to talk with.
e. 私は話す友達[話し相手をしてくれる友達]がほんの少ししかいない。
= I have only a few friends (who) I can talk with.
と書き換えることができますから、to talk with の時は 同時 です。

f. I have no friends to help me.
f. 私は、私を助けてくれる友達が全くいません。
= I have no friends who help me.
と書き換えることができますから、to help me の時は 同時 です。

g. He was the first (man) to fly in the air.
g. 彼は空を飛んだ初めての(男の)人だった。
= He was the first (man) who flew in the air.
と書き換えることができますから、to fly in the air の時は 同時 です。

h. Ken broke his promise to give me his bike.
h. ケンは私に彼の自転車をくれるという約束を破った。
= Ken broke his promise that he would give me his bike.
と書き換えることができますから、to give me a bike の時は 未来 です。

i. I had a chance to speak to her yesterday.
i. 私は昨日彼女に話しかける機会があった。
この例文は、適切な言い換え表現が見当たりませんが、明らかに 同時 です。

どうやら、「形容詞的用法」 は、文脈に応じて 「未来」 を表す場合と 「同時」 を表す場合の両方があるようです。



[疑問詞 + to V]

to 不定詞 [to V] の用法-疑問詞 to V / whether to V の用法-導入

「形容詞的用法」同様に、「疑問詞 + to V」 にも、 be to V「義務」 (時々 「予定」 「可能」) の意味が隠れていることがあります。

to 不定詞 [to V] の用法-be to V の用法 その2

3.
a. I didn't know what to do.
a. 私は何をすべきか[どうしたらいいか]わからなかった。(未来
b. I don't know who to ask.
b. 私は誰に頼むべきか「尋ねるべきか]わからない。(未来
c. Tell me where to put this box.
c. この箱をどこに置いたらいいか教えて。(未来
d. Ken didn't know when to start.
d. ケンはいつ出発したらいいか[いつ始めたらいいか]わからなかった。(未来
e. Ken showed me how to eat soba.
e. ケンは私にどうやって蕎麦(そば)を食べたらいいのか見せて[教えて]くれた。
e. → ケンは私に蕎麦の食べ方を見せて[教えて]くれた。(同時
f. The question is which car to buy.
f. 問題はどの[どちらの]車を買うか[買うべきか][買えばいいか]だ。(未来

「未来」 を表す場合が圧倒的に多いですね。

e. だけが 「同時」 を表していると考えられますが、同じ how to V でも、次の例文「未来」 を表しています。

g. The problem is how to stop thier fight.
g. 問題は彼らの喧嘩をどうやって止める(べき)かだ。 (未来)



[whether to V]

whether to V

whether to V にも、be to V「義務」意味隠れています

4.
a. I can't decide whether to go or (to) stay.
a. 私は行くべきかとどまるべきか決めることができない。(未来)
b. I can't decide whether to go (or not).
b. = I can't decide whether (or not) to go.
b. 私は行くべきかどうか決めることができない。(未来
c. The question was whether to receive the money (or not).
c. = The question was whether (or not) to receive the money.
c. 問題はそのお金を受け取るべきかどうかであった。 (未来

whether to Vto V は、「未来」 を表すと考えて間違いないでしょう。



次回- to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その2


to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

2017/02/20 04:46 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top