中学英語・ちょっと復習-不定詞 [to + V] の表す時(入門・初級者向け)

中学英語・ちょっと復習-to V (to不定詞) の用法 全9回



皆さん、to 不定詞 = to V[動詞の原形] が、いつの時を表しているか?を意識したことはありますか。

「Vするために」(副詞的用法) とか 「Vするための」(形容詞的用法) とか 「Vすること」(名詞的用法) という、訳語用法は覚えたけれど、「to V がいつの時を表しているか?」という疑問はついぞ浮かばなかった、という人が大半ではないかと思います。

今回は、to V がどんな時を表しているか? という疑問を、中学程度の例文を使って追求してみようと思います。



[名詞的用法-動詞の目的語]
1. I want to study in Japan in the future.
1. 私は将来日本で勉強することを望んでいる。
1. → 私は将来日本に留学したい(と思っている)。

want (望んでいる)「現在」 ですが、その望んでいる内容 = to study in Japan in the future (将来日本で勉強すること) は、明らかに「未来」 です。

2. I wanted to study in Japan in the future.
1. 私は将来日本で勉強することを望んでいた。
1. → 私は将来日本に留学したかった。

wanted (望んでいた)「過去」 ですが、その望んでいる内容 = to study in Japan in the future (将来日本で勉強すること) は、過去から見た「未来」 です。



[名詞的用法-動詞の目的語]
3. My son has learned to be patient.
2. patient [イシェント] : 我慢強い、辛抱強い
2. 私の息子は我慢することを学んだ[身に付けた]。
2. → 私の息子は我慢できるようになった。

has learned (学んだ / 身に付けた) のは 「現在完了」 で、学んだ[身に付けた]内容to be patient (我慢すること) はそれと 「同時」 だと考えられます。



[名詞的用法-be 動詞の補語]
4. My dream is to become a professional baseball player.
3. professional [プロフェショナル] : プロの
3. 私の夢はプロ野球選手になることです。

is「現在」 ですが、夢の内容to become a professional baseball player (プロ野球選手になること)「未来」 です。

5. My dream was to become a professional baseball player.
3. 私の夢はプロ野球選手になることだった。

この場合の to become a professional baseball player (プロ野球選手になること)「過去から見た未来」 です。



[名詞的用法-主語]
6. It is necessary to attend the meeting.
5. necessary [セー / ササリ] : 必要な
5. その会議に出席することが必要だ。
5. → その会議に出席する必要がある。
5. (It = 形式主語 / to attend the meeting = 真主語)

is necessary (必要である) のは 「現在」 ですが、必要な内容to attend the meeting (会議に出席すること)「未来」 です。

7. It was necessary to attend the meeting.
6, その会議に出席する必要があった。

この場合の to attend the meeting も、 「過去から見た未来」 です。



1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. は全て名詞的用法でした。

別の用法も見てみましょう。

[副詞的用法-目的]
8. I went to Osaka to visit my grandmother.
5. 私は祖母を訪ねるために大阪へ行った。

went to Osaka (大阪に行った) のは 「過去」 で、その目的to visit my grandmother (祖母を訪ねるために)「過去から見た未来」 です。



[副詞的用法-感情の原因]
9. I am glad to see you again.
8. あなたに又お会いできてうれしいです。

to see you (あなたに会う) のと 「同時」 かその「直後」am glad (うれしく思っている) のですから、これは 「ほぼ同時」 です。



[形容詞的用法]
10. Do you have anything to do today?
10. 君は何か今日することがありますか。

この文は、場合によって次のどちらかに解釈できます

Do you have anything you have to do?
君は何か今日しなければいけないことがありますか。
Do you have anything you are going [planning] to do?
君は何か今日する予定のことがありますか。

どちらに解釈しても、to do (する) のは 「未来」 です。



[形容詞的用法]
11. Ken was the last person to come to the party.
11. ケンはパーティーにやってきた最後の人だった。

この文は、関係代名詞who を使って次のように書き換えることができます

Ken was the last person who came to the party.

というわけで、was (だった)「過去」 で、to come to the party (パーティーに来た) のも 「過去」 ですから、 「同時」 とみなすことができます。



[動詞 + O + to V 型の文型]
12. The teacher told us to be quiet.
12. 先生は私達に静かにするように言った。

先生が私達に told (言った) のは 「過去」 ですが、言った内容 to be quiet (静かにするように)「過去から見た未来」 です。


[疑問詞 + to V]
13. I don't know when to leave.
10. 私はいつ出発したらいいかわからない。

don't know (わからない)「現在」 ですが、when to start (いつ出発したらいいか)「未来」 です。



[まとめ]

[to + V の表す時]

場合に応じて

述語動詞の表す時より未来のことを表す。

述語動詞の表す時同時のことを表す。

となります。

「未来」圧倒的に多いですが、時々 「同時」 もありますから注意しましょう



次回- to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その1


to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

2017/02/17 12:01 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top