It turns out that S + V と S turn(s) out to V

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次



It turns out that S + VS turn(s) out to V は、

主語繰り上げ構文と to V [to 不定詞]-序文

次のように簡単に紹介しました。

It turned out that Ken was smart.
Ken turned out (to be) smart.
ケンは頭がいいことがわかった。
It turns that S + V.
S turn(s) out to V.
SはVする[している]とわかる。
(V は、たいてい be 動詞 なので、turn out (to be) ~ ~であることがわかる と覚えておくと便利です。)

今回は、It turns out that S + VS turn(s) out to V について、もう少し踏み込んで説明したいと思います。



上記の簡単な紹介文にもある通り、V は、たいてい be 動詞 なので、入門・初級者は、まず最初に

turn out (to be) ~
(結局) ~であることがわかる、~である

を覚えましょう。

I thought the rumor was false, but it turned out (to be) true.
rumor [ーマー] : うわさ
false [フォールス] : 嘘の、誤った
私はそのうわさは嘘だと思っていたが、結局本当であることが分かった[本当だった]。

I was a little worried about the plan, but it turned out (to be) a grear success.
私はその計画のことを少し心配していたが、結局は大成功だった。

I thought the man sitting next to Ken was his father, but he turned out to be his uncle.
next to ~ : ~の隣に、~の横に
ケンの隣に座っている男の人は彼の父親だと思っていたが、結局彼の叔父だとわかった。

思っていることとは違い、結果的に~である(ことがわかる)というイメージでとらえておきましょう。

to be の省略の可否については」、seem (to be) ~ に準じればいいと思います。

S seem(s) to be ~ の to be が、省略可能な場合と可能でない場合

turn out (to be) ~非常によく使われますので、入門・初級者は、こちらの方だけを先に覚えておく方が実戦的です。



さて、上記の例文を、 It turns out that S + V.書き換えておきましょう。

= I thought the rumor was false, but it turned out that it was true.
= I was a little worried about the plan, but it turned out that it was a grear success.
= I thought the man sitting next to Ken was his father, but it turned out that he was his uncle.



また、よく似た表現に、 prove (to be) ~ [ーヴ] という表現があり、 turn out (to be) ~ほぼ同意と考えてもよろしいかと思います。

prove (to be) ~
(結局) ~であることがわかる、~である

I thought the rumor was false, but it proved (to be) true.
私はそのうわさは嘘だと思っていたが、結局本当であることが分かった[本当だった]。
I was a little worried about the plan, but it proved (to be) a grear success.
私はその計画のことを少し心配していたが、結局は大成功だった。
I thought the man sitting next to Ken was his father, but he proved to be his uncle.
ケンの隣に座っている男の人は彼の父親だと思っていたが、結局彼の叔父だとわかった。

こちらの方は、 it proves that S + V. という文型はありません

I thought the rumor was false, but it proved that it was true. (×)



さて、今度は、中・上級者向けの説明です。

上記で説明したように、 Vbe 動詞であることが多いですが、時々 一般動詞も使われます。

もう一度まとめ直してから、例を挙げていきましょう。

It turns that S + V.
= S turn(s) out to V.
= S prove(s) out to V.
(結局)SはVする[している]とわかる。

V に入る 一般動詞は、継続を暗示する 「状態動詞」「習慣動詞」 が多いようです。

I thought Ken liked Kumi, but it turned out that he liked Junko.
= I thought Ken liked Kumi, but he turned out to like Junko.
= I thought Ken liked Kumi, but he proved to like Junko.
ケンはクミが好きだと思っていたが、(結局)ジュンコが好きだとわかった。

I thought Ken was a math teacher, but it turned out that he taught science.
= I thought Ken was a math teacher, but he turned out to teach science.
= I thought Ken was a math teacher, but he proved to teach science.
私はケンは数学の教師だと思っていたが、理科を教えていることが分かった。

It was thought that Ken liked Kumi, but it turned out that he did not like her at all.
= It was thought that Ken liked Kumi, but he turned out not to like her at all.
= It was thought that Ken liked Kumi, but he proved not to like her at all.
not ~ at all : 全く~でない
ケンはクミが好きだと思われていたが、結局彼女のことは全く好きでないことがわかった。

to V否定する場合は、to直前not を置いて、not to V という形にします。

I thought that Ken had gone to Kyoto, but it turned out that he had gone to Nara.
= I thought that Ken had gone to Kyoto, but he turned out to have gone to Nara.
= I thought that Ken had gone to Kyoto, but he proved to have gone to Nara.
ケンは京都に行ったと思っていたが、奈良に行ったことが分かった。

「わかった内容」「もうすでに行われた行為」の場合は、to Vto have Vpp にします。(Vpp = 過去分詞)

to have Vpp の場合は、状態習慣を表す動詞だけでなく、動作動詞もよく使われます。



最後付け加えておきます。

例えば、次の例文

It turned out that Ken liked Junko.
ケンはジュンコが好きであることが分かった。

は、時制の一致のルールを適用して liked にしていますが、現在も好きであることが分かっている場合は、時制の一致をせずに、

It turned out that Ken likes Junko.

のようにすることもあります。
念の為。 (+o+)



次回- It is likely that S + V. と S is likely to V.

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

2017/01/30 11:18 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top