Tue.

前置詞 + Ving [動名詞]  


前置詞 + Ving [動名詞]

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次



前置詞とは名詞の前に置く詞という意味ですから、当然

前置詞 + 名詞 (= 前置詞の目的語)

という形になるわけですが、

to V [不定詞] の名詞的用法V(動詞)の性質のほうが強く、名詞になりきれていなくて前置詞の目的語にはなれません

前置の後に動詞が続く場合は必ず動名詞



と覚えておきましょう。

これは、中学英語でも必修事項ですから、すでに少しは紹介しました。

中学英語・ちょっと復習-to V [不定詞]の名詞的用法 と Ving [動名詞]-前置詞の目的語に使う場合

今回は、実用になるように、もう少し詳しく解説します。

慣用表現に含まれている前置詞 + Ving [動名詞] が多く、覚えるのは大変ですが、がんばりましょう。(^-^)



1. by Ving
1. VすることによってVすることで、Vして

方法手段を表します。
よく使われますから、必修表現です。

I sometimes help my mom by washing the dishes.
私は時々皿洗いをしてお母さんを手伝います。



次のように、一見 by が省略されているように見える場合があります。

I can make cranes by using paper.
= I can make cranes(,) using paper.
crane [イン] : 鶴[つる]
私は 紙を使って鶴を作ることができる。

これは、現在分詞の副詞的用法 = 分詞構文に解釈するのが一般的です。

中学英語・ちょっと復習-Ving の用法 その2



方法・手段から発展して、原因を表し、結果を導くことがありますが、和訳は同じです。

By studying hard, he won the scholarship.
win a scholarship [ラシプ] : 奨学金を得る、もらう
一生懸命勉強することによって[勉強して]、(その結果) 彼は奨学金を得た。
= As a result od studying hard, he won the scholarship.
as a result of Ving [ルト] : Vした結果(として)



start (O) by Ving
begin (O) by Ving
Vすることによって始まる[Oを始める]
Vすることから始まる[Oを始める]

end (O) by Ving
Vすることによって終わる[Oを終える]
Vして終わる[Oを終える]

は、慣用表現として覚えておきましょう。

We started [began] by introducing ourselves.
introduce oneself [イントロデュース] : 自己紹介する
私達は自己紹介(すること)から始めた。

He ended his speech by singing the national anthem.
national anthem [ショナル ンセム] : 国歌
彼は国歌を歌って演説を終えた。



2. for Ving
2. Vするために

目的用途を表します。

This knife is used for cutting meat. (○)
このナイフ[包丁]は肉を切るために[肉切り用に]使われる。

to V [不定詞の副詞的用法-目的] を使い、

This knife is used to cut meat. (△)

とも言えますが、for Ving を使うほうが自然です。

ただし、一時的な目的を表す場合はその逆で、to V を使うほうが自然です。

This knife was used to kill her. (○)
This knife was used for killing her. (△)
このナイフ[包丁]が彼女を殺すために使われた。



3. without Ving
3. VすることなしにVしないで
4. instead of Ving [インス]
4. Vする(ことの)代わりにVしないで

without Vinginstead Ving も、意訳すれば ~しないで になるので、両者を混同している入門・初級者が多いです。
次の例文で違いを理解しましょう。

He went out without saying goodbye.
彼はさよならを言わないで出て行った。
(さよならを言う行為なしに)
He stayed (at) home instead of going out.
彼は外出しないで家に居た。
(外出する代わりに、外出するのではなく)



5. before Ving
5. Vする前に
6. after Ving
6. Vした後に

Brush your teeth before going to bed.
brush one's teeth [シュ ティース] : 歯を磨く (teethtooth [トゥース] : 歯 の複数形)
寝る前に歯を磨きなさい。

I watched TV after finishing my homework.
私は宿題を終えた後テレビを見た。

接続詞before S + V / after S + V も使えますが、 が必要 の時制も考えなければいけないので、前置詞before Ving / after Ving のほうが圧倒的に楽です。 (^^♪

Brush your teeth before you go to bed.
I watched TV after I finished my homework.

完了したことを強調したい場合は having Vpp を使うことも時々あります。

I watched TV after having finished my homework.
= I watched TV after I had finished my homework.
私は宿題を終えてしまった後テレビを見た。



《ちょっとプラス》

時に関する表現に、次のような見た目が同じような表現があります。

since Ving ⇒ Vして以来、Vしてから
when Ving ⇒ Vしている時(に)、Vする時(に)
while Ving ⇒ Vしている間(に)

since Ving は、上記の after Vingbefore Ving と同じで、前置詞 + Ving[動名詞] です。

ただし、それほど頻繁には使われません

I have lived in Kyoto since coming to Japan. (前置詞 + 動名詞)
= I have lived in Kyoto since I came to Japan. (接続詞 + 文)
私は日本に来て以来[から](ずっと)京都に住んでいます。

when Ving は、when S be Vingwhen S V が、簡略化されたもので、前置詞 + Ving[動名詞] ではなく、接続詞 + Ving[現在分詞]です。

Be careful when crossing this street.
= Be careful when you are crossing this street.
= Be careful when you cross this street.
この通りを渡っている[渡る]時は注意しなさい。

[註] when VingVing は、進行中の意味がある場合と、ない場合があります。

while Ving も同様に、前置詞 + Ving[動名詞] ではなく、接続詞 + Ving[現在分詞]です。

I visited Kinkakuji while staying in Kyoto.
= I visited Kinkakuji while I was staying Kyoto.
私は京都に滞在している間に[滞在中に]金閣寺を訪れた。



7. on Ving
7. Vすると(すぐに)

Vするという行為に接触して本来の意味で、「Vした時に」「Vするとすぐに」「Vし次第」などと和訳できます。

接続詞を使って、as soon as S + V / when S + V と書き換えることができます。

Call me on arriving at the airport.
= Call me as soon as [when] you arrive at the airport.
空港に着いたら(すぐ)電話をください。

「Vするという行為に接触して」本来の意味ですから、on + 動作名詞も同じ意味になります。

Call me on your arrival at the airport. [イヴァル]

次の表現はよく使われる慣用表現ですから、覚えておくと便利です。

on receipt of ~ [スィート] : ~を受け取り次第
on reqrest [リクウェスト] : 依頼[請求]があり次第[に応じて]
on demand [ディンド] : 要求があり次第[に応じて]オンデマンドで
on call呼べばすぐ(応じる)
on A's returnAが戻るとすぐ、戻り次第



8. in Ving
8. Vする時(に)(は)Vしている時[](に)(は)Vする際(に)(は)
8. VすることにおいてVするうえでVする(という)点で
8. VすることでVして

in Ving はなかなか手強い表現です。



まず、時間に関係している場合は、Vする行為の中で → 最中でという意味で、when S + Vwhen[while] (S is) Vingほぼ同意で、「Vする時(に)(は)」「Vしている時[](に)(は)」「Vする際(に)(は)」などと和訳できます。

In doing anything, you should always do your best..
= When you do anything, you should always do your best.
do one's best : ベストを尽くす、最善を尽くす
何かをする時は[何かをする際には}いつも最善を尽くすべきだ。
→ 何をするにもいつも最善を尽くすべきだ。

in Ving文頭以外の場合は、 in省略される場合もあります。

Be careful (in) crossing the street.
= Be careful when you cross the street.
= Be careful when[while] (you are) crossing the street.
その通りを渡る[渡っている]時は注意しなさい。



in が、分野限定を表している場合は、「Vすることにおいて」「Vするうえで」「Vする(という)点で」などと和訳します。

The united Nations play an important role in maintaining world peace.
the United Nations [イティド イションズ] : 国際連合、国連
play a ~ role [ウル] : ~な役割を果たす
maintain O [メインイン] : Oを維持する
国際連合は世界平和を維持することにおいて[維持するうえで][維持する点で]重要な役割を果たしている。



時間に関係した用法(Vする時に、Vする際に)から発展して、in Ving原因を表し、結果を導く場合があります。

この場合は、by Vingほぼ同意で、「Vすることで」「Vして」などと和訳します。

実際にしている[した]ことが原因で、別の(悪い)結果を生じる場合によく使われるようです。

In trying to solve the problem, I created another.
create O [クリイト] : Oを創造する、Oを作り出す
その問題を解決しようとした時[際]に、私は別の問題を作り出してしまった。
→ その問題を解決しようとすることで[しようとして]、(その結果) 私は別の問題を作り出してしまった。
= As a result of trying to solve the problem, I created another.
as a result of Ving [ルト] : Vした結果(として)

by Ving (Vすることによって → Vして)ほぼ同意ですが、

= By trying to solve the problem, I created another.
その問題を解決しようすることによって[しようとして]、私は別の問題を作り出してしまった。

次のように実際にまだ行っていない推測的行為には、by Ving を使うほうが普通のようです。

By trying to solve the problem, you could create another. (○)
In trying to solve the problem, you could create another. (△)
その問題を解決しようとして、君は別の問題を作り出してしまうかもしれない。
could V = might V = may V : Vするかもしれない



9. 名詞 + of Ving
9. Vする(という)名詞

名詞の後に付いている of Ving は、名詞の内容を説明しています。

正式な文法名は、「同格の of 」ですが、「名詞の内容説明の of Ving」と覚えておくと実用的です。

「Vすることの名詞」という変な迷訳はやめましょう。 (´・ω・`)

The custom of eating raw eggs is a culture shock for people from overseas.
custom [スタム] : 習慣
raw [ー] : 生の
overseas [オウヴァスィーズ] : 海外
生卵を食べる(という)習慣は海外から来た人々にはカルチャーショックだ。

Have you given up your dream of becoming a singer.
君は歌手になる(という)夢をあきらめたのですか。

We have no chance of winning the game.
= There is no chance of our[us] winning the game.
私達がその試合に勝つ見込み[可能性]は全くない。
chance : (この場合は「機会、チャンス」ではなく) 見込み、可能性
our [us] Ving [動名詞] の意味上の主語



10. about Ving
10. Vすることについて

(It's) About going to the movies tomorrow, …
明日映画を見に行くことについてなんですけど、…

上記の例文は、話題の切り出し単独で about を使っていますが、普通は about を含む慣用表現と共に使われます

about を含む慣用表現は数多くあります。

次の代表例で about の後に動詞が続く時は Ving [動名詞] を使う を体感しておきましょう。

My little brother is excited about going to the movies.
be excited about ~ [エクイティド] : ~のことで興奮[ワクワク]している
go to the movies : (一般的に)映画を見に行く(the を付けて複数形で使う)
私の弟は映画を見に行くことでワクワクしている。

How about going to a movie tomorrow?
= What about going to a movie tomorrow?
How about ~? = What about ~? : ~はどうでしょう?
go to a movie : (何でもいいいから一つ)映画を見に行く
明日映画を見に行くというのはどうでしょう。
→ 明日映画でも見に行きませんか。

ちなみに、go to the movie だと、「その映画を見に行く」という意味になります。

例外的に aboutto V従える

be (just) about to V
まさに[今にも]Vしようとしている
I was just about to leave home.
私はまさにちょうど家を出ようとしていました。

準助動詞的な慣用表現として覚えておきましょう。



11. to + Ving

まず次の例文を見ていただきましょう。

a. I'm looking forward to the party.
b. I'm now used to Japanese food.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
a. 私はそのパーティーを楽しみにしています。
b. 私は今は日本の食べ物に慣れています。

look forwawrd to ~ [フォーワード]
~を楽しみに待つ
be used to ~ [ースト]
~に慣れている

で、to の後ろの は名詞ですから、to は前置詞です。

前置詞の後に動詞が続く場合は必ず動名詞
前置詞 + Ving [動名詞]

ですから、次のような文法問題は楽勝ですね。

[問] (  )内の動詞を適当な形に変えなさい。
a. I'm looking forward to (see) you.
b. I'm now used to (live) alone.

to は前置詞ですから、その後は Ving [動名詞] に決まっています。

[答]
a. seeing
a. 私はあなたに会うのを楽しみにしています。
b. living
b. 私は今は一人で暮らすのに慣れています。

これらを to V [不定詞] と間違えて

a. I'm looking forward to see you. (×)
b. I'm now used to live alone. (×)

にしないように気を付けましょう

よく使われる、「前置詞 to を含む慣用表現」を次に列挙しますから、全部例文付きで覚えてしまいましょう

look forward to Ving [フォーワード]
Vするのを楽しみに待つ
I'm looking forward to seeing you.
私はあなたにお会いするのを楽しみにしています。

be used to Ving [ースト]
be accustomed to Ving [スタムド]
Vすることに慣れている(状態)
I'm now used[accustomed] to living alone.
私は今一人で暮らすのに慣れています。

get[become][grow] used to Ving
get[become][grow] accustomed to Ving
Vすることに慣れる(動作)
I've got(ten) used to living alone.
= I've got(ten) accustomed to living alone.
get(ten) = become = grown (「慣れた状態になった」が原意)
私は一人で暮らすのに(もう)慣れました。

when it comes to Viing
VするということになるとVすることに関しては
When it comes to playing tennis, Ken is the best in my class.
テニスをすることに関しては、ケンはクラスで一番上手だ。

in addition to Ving [ディション]
Vすることに加えてVするだけでなく
In addition to being beautiful, she is intelligent.
intelligent [インリジェント] : 頭がいい
美しいことに加えて[美しいだけでなく]、彼女は頭もいい。

What do you say to Ving?
= How about Ving? = What about Ving?
Vしてはどうですか?
What do you say to going to a movie tomorrow?
明日映画を見に行くのはどうですか。
→ 明日映画でも見に行きませんか。

object to Ving [オブジェクト]
Vすることに反対する(動作)
He objected to his son marrying her.
彼は息子が彼女と結婚することに反対した。

be opposed to Ving [ウズド]
Vすることに反対している (状態)
He was opposed to his son marrying her.
彼は息子が彼女と結婚することに反対していた。

with a view to Ving [ヴュー]
Vする目的で ← Vすることに向けた(将来の)眺めを持って
I'm saving money with a view to buying a new car.
save O [イヴ] : Oを貯める、蓄える、取っておく
私は新車を買う目的で[買うために]お金を貯めています。

devote O to Ving [ディヴォウト]
OをVすることにささげる充[あ]てる
He devoted all his time to studying science.
彼は全ての時間を科学を研究することに充てた[費やした]。

prefer V1ing to V2ing [プリファー]
V2するよりV1するほうが好きだ
I prefer watching TV to reading books.
私は本を読むよりテレビを見る方が好きです。



12. 前置詞を含む慣用表現

前置詞を含む慣用表現は、重要なものだけでも数百ありますから、ここですべてを列挙するわけにはいきません
簡単なものをいくつか挙げておきますが、基本は最初に書いた通り

前置の後に動詞が続く場合は必ず動名詞
前置詞 + Ving [動名詞]

ですから、これを覚えておけば大丈夫です

be good at Ving
Vするのが得意[上手]だ
My mom is good at baking cakes.
私のお母さんはケーキを焼くのが得意です。

think of[about] Ving
Vすることを考える → Vしようかと思う
I'm thinking of[about] leaving the club.
私はクラブをやめようかと考えている。

thank 人 for Ving
Vしてくれたことで人に感謝する
Thank you for coming.
来てくれたことに対して感謝します。
→ 来てくれてありがとう。

be interested in Ving
Vすることに興味がある
Are you interested in taking pictures?
あなたは写真を撮ることに興味がありますか。

be fond of Ving
Vすることが好きだ
I'm fond of taking pictures.
私は写真を撮ることが好きだ。

talk 人 into Ving
人を説得してVさせる ← 人を説得してVする行為の中に入れる
I talked my father into buying me a new bike.
私は父を説得して新しい自転車を買ってもらった。

talk 人 out of Ving
人を説得してVするのをやめさせる ← 人を説得してVする行為の外に出す
I talked her out of marrying him.
私は彼女を説得して彼と結婚するのをやめさせた。

be tired from[after] Ving
Vした[Vした後な]ので疲れている
I'm tired from[after] studying all day.
一日中勉強したので疲れた。

besides Ving [イズ]
= in addition to Ving
Vすることに加えてVするだけでなく
Besides being beautiful, she is intelligent.
美しいだけでなく、彼女は頭もいい。

be against Ving [ンスト]
= be opposed to Ving [ウズド]
Vするのに反対だ
I'm against buying a used car.
私は中古車を買うのには反対だ。

in spite of Ving [イト]
despite Ving [デスイト]
Vすることにもかかわらず → Vするにもかかわらず
He went to school in spite of [= despite] having a fever.
= He went to school (al)though he had a fever.
(al)though S + V [(オル)] : SがVするけれども、SがVするにもかかわらず
have a fever [フィーヴァー] : 熱がある
彼は熱があるにもかかわらす学校へ行った。

前置詞を含む慣用表現は、挙げだすときりがないので、そろそろ終わりにします。(;^_^A



次回は暗誦例文のまとめです。

かなりの数ですが、頑張って覚えましょう。

次回-前置詞 + Ving [動名詞]-暗誦例文のまとめ

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

前置詞 + Ving [動名詞]

2016/09/27 11:01 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top