Tue.

動詞 + to V = 動詞 + Ving の文型  


動詞 + to V = 動詞 + Ving の文型

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

動詞 + to V / 動詞 + Ving の文型-序文



動詞 + to V = 動詞 + Ving の文型
(意味がほぼ同じグループ)

入門・初級者はまずこちらから覚えましょう。

今から 動詞 + to V = 動詞 + Ving 型の文型を列挙します。

意味を思い浮かべながら何十回音読してください

動詞の発音もすべて書いておきます。

like とくれば自動的に to V = Ving
begin とくれば自動的に to V = Ving

というようになるまで何十回も音読してください。
体で覚えなければ実戦では役に立ちません

のグループはあまり試験には出ません
でも、英語を使う上では重要ですから、軽視しないでください



1. like Ving = like to V [イク]
1. I like watching TV.
1. = I like to watch TV.
2. love Ving = love to V []
2. I love watching TV.
2. = I love to watch TV.
3. hate Ving = hate to V [イ(ト)]
3. I hate watching TV.
3. = I hate to watch TV.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1. Vすることが好きだ
1. 私はテレビを見るのが好きだ。
2. Vすることが大好きだ
2. 私はテレビを見るのが大好きだ。
3. Vすることが嫌い[いや]だ
3. 私はテレビを見るのが嫌いだ。

Ving は、一般的・習慣的な好き嫌いについて使う
to V は、特定の場合の好き嫌い(つまり欲求に近い)について使う

というのが通説になっていますが、どちらを使っても意味はほぼ同じです。

ただし、これらの動詞の前would [ウド] が付くと、

would like to VVしたいと思う
would love to VVしたいと思う
would hate to VVしたくない

のように、好き嫌いではなく、特定の行為に対する欲求を表す表現に変わります。

参考ページ

中学英語・ちょっと復習-would like の用法(参考)

さらに、実際に口頭で使われる時には、would が短縮されて、

I'd like to V [アイ(ド) イク]
I'd love to V [アイ(ド) ]
I'd hate to V [アイ(ド) イ(ト)]

のように使われますから、would はほとんど聞こえません

そのようなことが影響しているかどうかはわかりませんけど、would がなくても

like to V : Vしたいと思う
love to V : Vしたいと思う
hate to V : Vしたくない

という風に、特定の行為に対する欲求を表すこともあります。

[例]
I hate to say this, but …
こんなこと言いたくないのですが、…

というわけで、純粋に好き嫌いを表現したい時は、like Ving / love Ving / hate Ving の方を使うことをお勧めします

ちなみに、like の反対語dislike [ディスイク] という単語があります。

dislike Ving = dislike to V (まれ)
Vするのが嫌いだ

これは dislike Ving しか使われていなくて、dislike to V を使うのはまれです。

I dislike watching TV.
私はテレビを見るのは嫌いだ。

これも一応覚えておきましょう。



4. prefer V1ing to V2ing [プリファー]
4. = prefer to V1 rather than (to) V2
4. I prefer watching TV to reading books.
4. = I prefer to watch TV rather than (to) read books.
4. rather than ~ [ザ ザン] : ~よりむしろ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4. V2するよりV1するほうが好きだ
4. 私は本を読むよりテレビを見る方が好きです。

元々、prefer A to B (BよりAのほうが好き)

I prefer dogs to cats.
私は猫より犬の方が好きだ。

という使い方をするので、Ving の場合は基本通り to を使いますが、to V の場合はto ばかりになるので、臨時に rather than を用います。

prefer上記の説明=通説があてはまりますから、to V のほうを使うと、特定の場合の好みに解釈され、さらに欲求に解釈されてしまう可能性があります。

「本を読むよりテレビを見る方が好きだ → (だから)テレビを見たい。」

ですから、純粋に好みを述べたい場合は、prefer V1ing to V2ingを用いた方が安全です

欲求をはっきり述べたい場合は、would を付けて、

would prefer to V1 rather than (to)V2
= would rather V1 than V2
V2するよりも(どちらかと言えばむしろ)V1したい

を使いましょう。

I'd prefer to stay home rather than (to) go out.
= I'd rather stay home than go out.
私は外出するよりも(どちらかと言えばむしろ)家にいたい。

ちなみに、否定文は、

I'd prefer not to go out tonight.
= I'd rather not go out tonight.
(どちらかと言えば)今晩は出かけたくない。

のように to V / Vnot置くのが普通です。



5. start to V = start Ving [ー(ト)]
5. He started to eat lunch.
5. = He started eating lunch.
6. begin to V = begin Ving []
6. He began to eat lunch.
6. = He began eating lunch.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5. Vし始める
5. 彼は昼食を食べ始めた。
6. Vし始める
5. 彼は昼食を食べ始めた。

start to V = begin to V{開始点」を表す。
start Ving = begin Ving は、「開始+継続」を表す。

というのが通説ですが、どちらを使っても意味はほぼ同じです。

え?何を言っているかわからない?

例えば、「昼食を食べ始めた直後に電話がかかってきて、中断した」ような場合は、start[begin] to V を使い、
「2時間前に友人と昼食を食べ始めてまだ食べている」場合は、start[begin] Ving を使う、
というような考え方ですが、

書く場合はともかく、話す時はそんな違いを考えている暇はないので、どちらでもいいからさっと口に出しましょう

でも、次の3点だけは注意しましょう

1. 進行形の場合は、Ving が2つ連続するので、to V を使うほうがよい

It is starting[beginning] to rain. ()
It is starting[beginning] raining. ()
雨が降り始めている。

2. understand (理解する) / realize (悟る、気付く) / think / feel などの、認識・理解を表す動詞の場合は、通例 to V を使う

Suddenly I started[began] to feel angry. ()
Suddenly I started[began] feeling angry. ()
突然私は怒りを感じ始めた。

3. 主語が無生物の場合は、to V が好まれる

The snowman started[began] to melt. ()
The snowman started[began] melting. ()
雪だるまが融[と]け始めた。

以上の3点から、start to V / begin to V を使ったほうが安全かもしれません



7. continue to V = continue Ving [コンティニュー]
7. He continued to write novels until he died..
7. = He continued write novels until he died..
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7. Vし続ける
7. 彼は死ぬまで小説を書き続けた。

continue to V / continue Ving は、いろいろな辞書や参考書・語法書に、微妙な違いが書かれていますが、基本的にほぼ同意で交換可能です

ジーニアス英和辞典-第4版には、

to VVing は区別なく用いられるが、文脈によっては、
continue Ving「前から続いていたことを引き続き行う」ことを含意する。
continue to V「いったん止めて再び始める」ことを含意する。
He continued painting the wall.
彼は壁にペンキを塗り続けた。
(「中断することなしに塗り続けた」ことを含意)
He continued to paint the wall.
(continued painting同じ意味だが、「いったん中止してまた始めた」の意にもなる)

と書かれています。

ところが、第5版では上記の解説は消失し、単に He continued painting [to paint] the wall. とだけ書かれています。

やはり、continue to V = continue Ving ということでよさそうです。

こちらから英語を発信する場合私のお勧めは、

短期的継続 → keep (on) Ving を使う
長期的継続 → continue to V = continue Ving を使う

です。参考にしてください。

keep (on) Ving

The baby kept (on) crying all night.
その赤ちゃんは一晩中泣き続けた。 (短期的継続)
He continued to write [writing] novels until he died.
彼は死ぬまで小説を書き続けた。(長期的継続)



8. cease to V = cease Ving [スィース]
8. He ceased shooting.
8. shoot [シュー(ト)] : (銃などを)撃つ
8. He has ceased to write novels recently.
8. = He has ceased writing novels recently.
8. The nation ceased to exist.
8. nation [イション] : 国、国家
8. exist [イグスト] : 存在する(状態動詞)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8. Vすること[するの]をやめる
8. 彼は撃つのをやめた。
8. (次第に)Vしなくなる
8. 彼は最近小説を書かかなくなった。
8. その国は存在するのをやめた [→ 滅亡した]。

cease用法が難しいです。

「Vすること[するの]をやめる」という意味では、stop Ving = quit Ving と同意ですから用法も同じで、cease Ving を使います。

stop Ving = quit Ving

「(次第に)Vしなくなる」の意味では、cease to V = cease Ving で、交換可能です。

ただし、V が状態動詞の場合は、cease to V の形式しか使えません

難かしいですね。 (;''∀'')

こちらから英語を発信する場合私のお勧めは、

Vするのをやめる → stop Ving を使う
(次第に) Vしなくなる → cease to V を使う

です。参考にしてください。



09. (can) stand Ving = (can) stand to V [ンド]
09. I can't stand being treated like a child. (○)
09. = I can't stand to be treated like a child. (△)
10. (can) bear Ving = (can) bear to V []
10. I can't bear being treated like a child. (○)
10. = I can't bear to be treated like a child. (△)
10. be treated like a child [トリーティ(ド)] : 子供のように扱われる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
09. Vすることを我慢する、に耐える
09. 私は子ども扱いされるのに耐えられない。
10. Vすることを我慢する、に耐える
10. 私は子ども扱いされるのに耐えられない。

(can) stand[bear] to V より、(can) stand[bear] Ving のほうが普通です。

受信英語向けに、 (can) stand[bear] Ving / (can) stand[bear] to V両方を覚えておいてこちらから英語を発信する場合は、(can) stand[bear] Ving のほうを使うことをお勧めします

ちなみに、少し単語のレベルが上がりますが

(can) endure Ving = (can) endure to V [インデュ]
(can) forbear Ving = (can) forbear to V [フォ]
Vすることを我慢する、に耐える

同意の文型です。
余裕があれば、覚えておきましょう。



お疲れ様でした。 (^-^)

次回-動詞 + to V の文型

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次


2016/08/23 11:26 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top