Fri.

whoever の用法  


whoever の用法


これまでに学習した複合関係詞を復習しましょう

whenever の用法

wherever の用法

whenever と wherever (まとめ+復習)

whatever の用法

whatever ~ の用法

whichever ~ と whichever の用法



(1) 疑問詞としての用法

whoever を加えると、疑問詞の意味を強調することができます。

1. Whoever [who ever] loves Jane? / I do.
1. 一体誰がジェーンを愛しているのですか。 / 私です。
2. Whoever [Who ever] does Jane love? / She loves you.
2. ジェーンは一体誰を愛しているのですか。 / 彼女はあなたを愛しているのです。

whoever は、離しても構いません

1.主語を尋ねる疑問文で、 2.love目的語を尋ねる疑問文です。

2.who正式には whom が正しいのですが、めったに使われません



who の直後に on earthin the world を置いても同じような意味になります。

1. = Who on earth [in the world] loves Jane?
2. = Who on earth [in the world] does Jane love?



(2) 関係代名詞としての用法

whoever V (主格)
Vする人は誰でも


whoever S + V (目的格)
SがVする人は誰でも


whoever の基本イメージ ⇒ 誰でも

3. invite whoever wants to come.
3. 来たい人は誰でも招待しなさい。
4. Invite whoever you like.
4. あなたの好きな人は誰でも招待しなさい。

この用法の場合は、 whoever一語で綴ります。

4.whoever正式には whomever ですが、めったに使われません

注意すべき点は、

3. の例文の whoeverwnats主語になっていること。(主格)
whoever wants to come大きな名詞=名詞節で、Invite目的語になっていること。

4. の例文の whoeverlike目的語になっていること。(目的格)
whoever you like大きな名詞=名詞節で、Invite目的語になっていること。

です。

5. Whoever you know is always welcome.
5. あなたの知っている人は誰でもいつも歓迎です。
6. I'll give it to whoever comes first.
6. 誰でも一番最初に来る人にそれを与えよう。

この2例も、注意すべき点は、

5. の例文の Whoever は、know目的語になっていること。(目的格)
Whoever you know大きな名詞名詞節で、文の主語になっていること。

6. の例文の Whoever は、comes主語になっていること。(主格)
Whoever comes first大きな名詞名詞節で、前置詞 to目的語になっていること。

です。



言い換え表現

anyone[anybody] who V (主格)
Vする人は誰でも

anyone[anybody] S + V (目的格)
SがVする人は誰でも

anyone[anybody] が先行詞の場合、関係代名詞は that が好まれると学校で習ったと思いますが、それは神話(?)です。主格の場合は who を使い、目的格の場合は省略するのが一般的です。

3. = Invite anyone[anybody] who wants to come.
3. = 来たい人は誰でも招待しなさい。
4. = Invite anyone[anybody] you like.
4. = あなたの好きな人は誰でも招待しなさい。
5. = Anyone[Anybody] you know is always welcome.
5. = あなたの知っている人は誰でもいつも歓迎です。
6. = I'll give it to anyone[anybody] who comes first.
6. = 誰でも一番最初に来る人にそれを与えよう。



(3) 譲歩節としての用法

whoever Vwhoever S + V は、「(たとえ)誰がVしようとも」「(たとえ)Sが誰をVしようとも」という、譲歩の意味を表すことがあります。

その場合は、(2)名詞節としての用法とは全く違い、副詞節[文が大きな副詞相当語句になったもの]になります。
つまり、もう一つ S + V の英文が必要です。

また、文語では、may が入っていることもあります。

まとめると、

Whoever (may) V', S + V (主格)
= S + V whoever (may) V'
(たとえ)誰がV’しようとも、SはVする

Whoever S' + (may) V', S + V (目的格)
= S + V whoever S' + (may) V'
(たとえ)S’が誰をV’しようとも、SはVする

7. Whoever comes [may come], you mustn't open the door.
7. = You mustn't open the door whoever comes [may come].
7. (たとえ)誰が来ても、ドアを開けてはいけない。
8. Whoever you (may) ask, the answer will be the same.
8. = The answer will be the same whoever you (may) ask.
8. (たとえ)誰に尋ねても、答えは同じでしょう。



言い換え表現

譲歩を表す場合、口語英語では、whoever の代わりに no matter who を使います。
口語ですから、may はめったに使われません。

No matter who V', S + V (主格)
= S + V no matter who V'
(たとえ)誰がV’しようとも、SはVする

No matter who S' + V', S + V (目的格)
= S + V no matter who S' + V'
(たとえ)S’が誰をV’しようとも、SはVする


no matter「問題ではない」という意味が原義で、

「誰がV’するかは問題ではない → (たとえ)誰がV’しようとも」
「S’が誰ををV’するかは問題ではない → (たとえ)S’が誰をV’しようとも」

という意味になります。

7. No matter who comes, you mustn't open the door.
7. = You mustn't open the door no matter who comes.
7. (たとえ)誰が来ても、ドアを開けてはいけない。
8. No matter who you ask, the answer will be the same.
8. = The answer will be the same no matter who you ask.
8. (たとえ)誰に尋ねても、答えは同じでしょう。



では、暗唱例文です

1. 一体誰がジェーンを愛しているのですか。 / 私です。
2. ジェーンは一体誰を愛しているのですか。 / 彼女はあなたを愛しているのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1. Whoever [who ever] loves Jane? / I do.
1. = Who on earth [in the world] loves Jane? / I do.
2. Whoever [Who ever] does Jane love? / She loves you.
2. = Who on earth [in the world] does Jane love? / She loves you.


3. 来たい人は誰でも招待しなさい。
4. あなたの好きな人は誰でも招待しなさい。
5. あなたの知っている人は誰でもいつも歓迎です。
6. 誰でも一番最初に来る人にそれを与えよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3. Invite whoever wants to come.
3. = Invite anyone[anybody] who wants to come.
4. Invite whoever you like.
4. = Invite anyone[anybody] you like.
5. Whoever you know is always welcome.
5. = Anyone[Anybody] you know is always welcome.
6. I'll give it to whoever comes first.
6. = I'll give it to anyone[anybody] who comes first.


7. (たとえ)誰が来ても、ドアを開けてはいけない。
8. (たとえ)誰に尋ねても、答えは同じでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7. Whoever comes [may come], you mustn't open the door.
7. = You mustn't open the door whoever comes [may come].
7. No matter who comes, you mustn't open the door.
7. = You mustn't open the door no matter who comes.
8. Whoever you (may) ask, the answer will be the same.
8. = The answer will be the same whoever you (may) ask.
8. No matter who you ask, the answer will be the same.
8. = The answer will be the same no matter who you ask.


お疲れ様でした。 (^-^)


複合関係詞-初めに(序文) + 目次

次回-whosever の用法


2016/01/15 13:54 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top