関係代名詞 what を使った慣用表現 その5

次の内容が理解できていなければ、今回の学習内容は理解できないので、必ず復習してください

高校英語・基礎-関係代名詞-what

次のページも参考になりますので是非復習して来てください

高校英語・基礎-先行詞のない関係詞と疑問詞



関係代名詞 what を使った慣用表現 その1

関係代名詞 what を使った慣用表現 その2

関係代名詞 what を使った慣用表現 その3

関係代名詞 what を使った慣用表現 その4



A is to B what X is to Y
= A is to B as X is to Y
AとBの関係はXとYの関係と同じだ


「AはBに対して、XがYに対するものである」直訳です。
what X is to YA is の補語になるわけです。

whatas になっていることもあります。
その場合の直訳は、「XがYに対するように、AはBに対している」です。

1. Reading is to the mind what food is to the body.
1. = Reading is to the mind as food is to the body.
1. 読書と精神の関係は食べ物と体の関係と同じである[等しい]。

たまに、前後を入れ替えコンマで区切って

= What food is to the body, reading is to the mind.

となることもあります。



what with A and (what with) B
(原因・理由が)AやらBやらで

通例、この what は関係代名詞とされていますが、どうなんでしょうね?
いろいろ説があるみたいですけど皆さんは丸暗記で結構です

2. What with a cold and (what with) lack of sleep, I wasn't able to study for the exam.
2. 風邪やら睡眠不足やらで、私は試験勉強ができなかった。

方法・手段を列挙したい場合は、withby に代えて What by A and (what by) B とします。
ついでに覚えておきましょう。

3. What by telephone and (what by) email, she kept in touch with him.
3. keep in touch with ~ : ~と連絡を保つ
3. 電話やらメールで、彼女は彼と連絡を保った。



では、例文をまとめますから覚えてください

1. 読書と精神の関係は食べ物と体の関係と同じである[等しい]。
2. 風邪やら睡眠不足やらで、私は試験勉強ができなかった。
3. 電話やらメールで、彼女は彼と連絡を保った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1. Reading is to the mind what food is to the body.
1. = Reading is to the mind as food is to the body.
2. What with a cold and (what with) lack of sleep, I wasn't able to study for the exam.
3. What by telephone and (what by) email, she kept in touch with him.


お疲れ様でした。 (^-^)



次回-関係形容詞の what ~


2015/12/02 16:26 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top