高校英語・基礎-前置詞付き関係代名詞 その2

前回の復習から始めましょう。
次の日本語を「talk about ~ : ~について話す」を使って英語にして下さい

1. これが私達が昨日話し合った問題です。(4文)
2. 医者達が話し合っている患者は今危険な状態にある。(5文)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1. a. This is the porblem which we talked about yesterday.
1. b. This is the porblem that we talked about yesterday.
1. c. This is the porblem we talked about yesterday.
1. d. This is the problem about which we talked yesterday.
1. e. This is the problem about that we talked yesterday. (×)
2. a. The patient whom the doctors are talking about is in danger now.
2. b. The patient who the doctors are talking about is in danger now.
2. c. The patient that the doctors are talking about is in danger now.
2. d. The patient the doctors are talking about is in danger now.
2. e. The patient about whom the doctors are talking is in danger now.
2. g. The patient about who the doctors are talking is in danger now. (×)
2. g. The patient about that the doctors are talking is in danger now. (×)

指示した数の英文が作れましたか?
読む英語はどれが出てくるかわからないので、全ての形式を覚えておきましょう
まだよく理解できていない場合は、もう一度前回の解説を復習して来てください

高校英語・基礎-前置詞付き関係代名詞 その1



では、こちらから英語を発信する場合は、どの形式を使えばよいのでしょうか?

上記の例文の場合、前置詞 about を後置して、関係代名詞を省略した文がお勧めです

1. c. This is the porblem we talked about yesterday.
2. d. The patient the doctors are talking about is in danger now.

類例を挙げます

3. You are the only person I can depend on.
4. depend on ~ : ~に頼る。
4. The house I live in is very small.
5. This is the book I've been looking for.
6. Who is the man you were talking to[with]?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3. 君は私が頼ることができる唯一の人だ。
4. 私が住んでいる家はとても小さい。
5. これは私がずっと探していた本だ。
6. 君が話をしていた男の人は誰ですか。

1. ~ 6. の、talk about ~ / depend on ~ / live in ~ / look for ~ / talk to[with] ~ は、前置詞が動詞と密接に関係しているので、動詞とセットにして後置するのが普通です。



この「前置詞を後置する」方針で、前置詞を含む関係代名詞の英文をすべて表現できればいいのですが、前置詞を後置できない=前置詞を関係代名詞の前に置くしかない場合があるのです。
ではどのような場合に前置詞を後置できない=前置詞を関係代名詞の前に置くしかないのでしょうか?

次の前置詞を含んだ英文を検証してみましょう

A. I can depend on this person..
A. 私はこの人を頼りにすることができます。
B. a. We live in this house..
B. a. 私達はこの家に住んでいます。
B. b. I've been looking for this book.
B. b. 私はずっとこの本を探していたんです。
B. c. You were talking to[with] a man.
B. c. あなたは男の人と話をしていました。
C. a. You came here with a beautiful girl.
C. a. あなたは美しい女の子と一緒にここに来ました。
C. b. I cut the meat with a sharp knife.
C. b. 私は鋭利なナイフで肉を切った。
D. You mustn't do it in this case.
D. この場合それをしてはいけない。



A. I can depend on this person..
A. 私はこの人を頼りにすることができます。

A.前置詞 on決定権を握っているのは depend でしょうか、それとも前置詞の後の名詞=前置詞の目的語this person しょうか?
depend とくれば on[upon] しかありませんから、決定権はほぼ100% depend が握っていますね。

この場合は、当然 depend の後ろに on を残しておくのが妥当です



B. a. We live in this house..
B. a. 私達はこの家に住んでいます。
B. b. I've been looking for this book.
B. b. 私はずっとこの本を探していたんです。
B. c. You were talking to[with] a man.

B. a.in はどうでしょうか?
live とくれば 普通は in ですね。
でも、 housetown でなく、 island(島) やplanet(惑星) ならば on を使う可能性もありますから、決定権は live が 70%、this house が30%ぐらいになるのでしょうか?

B. b. も、 look at ~ / look for ~ / look to ~ / look into ~ など複数候補がありますから、for の決定権は look が70%、 this book が30%くらいでしょう。

B. c. も、 talk about ~ / talk of ~ / talk with ~ / talk to ~ など複数候補がありますから、 with の決定権は talk が70%、 a man が30%ぐらいでしょう。

このように、前置詞の決定権を握っているのが動詞 前置詞の後の名詞=前置詞の目的語の場合、前置詞の目的語が先行詞になって前に出ても、そのまま後ろに残すのが普通です
これは口語だけでなく文語でもこの傾向性が高いと思われます

間に名詞を挟んだ take part in ~ : ~に参加する / keep in touch with ~ : ~と連絡を保つ なども、前置詞 in / with の決定権が take part / keep in touch なので、、前置詞の目的語が先行詞になって前に出ても、そのまま後ろに残すのが普通です。

7. The race I took part in was a lot of fun.
8. I have an old friend I always keep in touch with.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7. 私が参加したレースはとても面白かった。
8. 私には常に連絡を保っている古い友人がいる。



C. a. You came here with a beautiful girl.
C. a. あなたは美しい女の子と一緒にここに来ました。
C. b. I cut the meat with a sharp knife.
C. b. 私は鋭利なナイフで肉を切った。

C. a.C. b.with はどうでしょうか?
came herewithcut the meatwith直接つながっていません

前置詞の決定権は came herea beautiful girl / cut the meata sharp knife で、前置詞の目的語のほうが多く握っていると思われます

けれども came here with とくれば cut the meat with とくれば 道具 とくるかもしれない、という予想はたつので、完全に無関係というわけではありません

したがって、これらの場合も、前置詞の目的語が先行詞になって前へ移動しても、口語ではそのまま後に残すことができます
ただし、前置詞の目的語との関係性の方が強いので、文語では先行詞に引かれて関係代名詞の前に出やすいのも事実です。

09. The girl you came here with was beautiful. (口語)
09. The girl with whom you came here was beautiful. (文語)
10. The knife I cut the meat with was very sharp. (口語)
10. The knife with which I cut the meat was very sharp. (文語)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

09. あなたが一緒に来た女の子は美しかった。
10. 私が肉を切ったナイフはとても鋭利だった。



不定詞で後ろから名詞を修飾する「形容詞的用法-名詞限定用法」でも同じような、不定詞の最後に前置詞が残る形式があるので、復習しておきましょう

中学英語・ちょっと復習-to V [to不定詞] の 形容詞的用法-名詞限定用法

高校英語・応用-to V [to不定詞] の 形容詞的用法-名詞限定用法 (続・中学英語)



D. You mustn't do it in this case.
D. この場合それをしてはいけない。

D.in はどうでしょうか。
in の決定権を握っているのは case であって、 do it ではありません

決定権を100%握っているこの case が先行詞になると、前置詞 incase に引かれて100%関係代名詞の前に出ます

There is a case in which you mustn't do it.
それをしてはいけない場合がある。

口語英語でも

There is a case you mustn't do it in. (×)

のように、後置することはできないので注意しましょう。



「必ず前置詞を関係代名詞の前に置くケース」は次回にもう少し詳しく解説します。

今回は、「前置詞を後置して関係代名詞を省略する」最もポピュラーな形式を覚えてしまいましょう。

1. これが私達が昨日話し合った問題です。
2. 医者達が話し合っている患者は今危険な状態にある。
3. 私が住んでいる家はとても小さい。
4. 君は私が頼ることができる唯一の人だ。
5. これは私がずっと探していた本だ。
6. 君が話をしていた男の人は誰ですか。
7. 私が参加したレースはとても面白かった。
8. 私には常に連絡を保っている古い友人がいる。
9. あなたが一緒に来た女の子は美しかった。
10. 私が肉を切ったナイフはとても鋭利だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.This is the porblem we talked about yesterday.
2.The patient the doctors are talking about is in danger now.
3. You are the only person I can depend on.
4. The house I live in is very small.
5. This is the book I've been looking for.
6. Who is the man you were talking with?
7. The race I took part in was a lot of fun.
8. I have an old friend I always keep in touch with.
9. The girl you came here with was beautiful.
10. The knife I cut the meat with was very sharp.

全部覚えましたか?

お疲れ様でした。 (^-^)


次回-前置詞付き関係代名詞 その3


2015/08/25 09:05 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top