アメリカ口語教本-中級-和訳-Lesson 14-Section 3. Notes on Conversational Style

※ 先に「学習の順番」を読んで来てください。

※ テキスト(教本)を購入してから解説を参考にしてください。

アメリカ口語教本-中級用最新改訂版(CD付き)

Spoken American English _ Intermediate Course
アメリカ口語教本 _ 中級コース

Lesson 14


Around The World With Mr. Saito (斉藤氏と世界一周)

Section 3. Notes on Conversational Style

1. Quite a while is often used in conversation in place of a long time.

in place of ~ : ~の代わりに
quite a whilea long time の代わりに会話でよく使われる。

a. I've been studying English for quite a while.
a. 私はずいぶん長い間英語を勉強しています。

b. Jimmy has been living in Japan for quite a while.
b. ジミーはかなり長い間日本に住んでいる。

2. No thanks is often used when refusing something.

No thanks は何かを断る時によく使われる。

a. Would you like to go to the movies? / No, thanks.
a. 映画に行きませんか? / いいえ、遠慮します。

b. How about a piece of cake? / No thanks. I'm not hungry.
b. ケーキ一切れいかが? / いいえ、結構です。おなかは空いていないので。

3. Maybe so is used to mean you may be right, but …

Maybe soYou may be right, but … (君の言うことは正しいかもしれないが…) の意味で使われる。

a. I think John is very handsome. / Maybe so. But I still don't like him.
a. ジョンはとてもハンサムだと思う。 / 多分そうかもしれないがそれでも私は彼が好きではない。

b. English is very difficult. / Maybe so. But it's fun to study it.
b. 英語はとても難しい。 / 多分そうかもしれないが、英語を勉強するのは楽しいです。


次回-Lesson 14-Section 2. Application Dialogue


2015/05/28 08:10 [edit]

category: アメリカ口語教本-中級

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top