アメリカ口語教本-中級-和訳-Lesson 13-Section 2. Application Dialogue

※ 先に「学習の順番」を読んで来てください。

※ テキスト(教本)を購入してから解説を参考にしてください。

アメリカ口語教本-中級用最新改訂版(CD付き)

Spoken American English _ Intermediate Course
アメリカ口語教本 _ 中級コース

Lesson 13


Learning From Mistakes (過ちから学ぶ)

Section 2. Application Dialogue

A: If you're not doing anything tomorrow, how about going fishing with me.

もし明日何も予定がないのなら、私と釣りに行きませんか?

B: I'm afraid not. I never seem to have any luck at anything much less fishing.

I'm afraid not = I'm afraid (that) I won't go fishing with you.
残念だけれどもやめておきます。
I never seem to V = I seem never to V : 決してVしないように思われる (never は to V を否定している)
[参] Ken doesn't seem to like me. = Ken seems not to like me. (ケンは私を好きでないようです。)

私は何事にも[→ 何をやっても]全くついていないようなんです。
まして釣りなんてとんでもないです。

A: Well, maybe you might not catch any fish, but you might get lucky in another way.

get lucky : 幸運になる → 運に恵まれる、つく
in another way : 別の面[点]で
ひょっとして一匹も魚は釣れないかもしれないけど別の面で運に恵まれるかもしれませんよ。

B: What do you mean?

どういう意味ですか?

A: There are many stories of people who were trying to do one thing, but succeeded in another, even better things.

あることをしようとしていたが、別のこと、さらにもっとよいこと、に成功した人の話はたくさんありますよ。

B: You mean like Christopher Columbus?

クリストファー・コロンブスのように、という意味ですか?

A: Yes, and Alexander Fleming.

はい、それにアレクサンダー・フレミングもそうです。

B: Alexander, who?

アレクサンダー 何ですか?

A: Fleming. He discovered penicillin by accident.

フレミングです。彼は偶然ペニシリンを発見したんです。

B: What do you mean?

どういう意味ですか?

A: Alexander was a brilliant but careless researcher. He often left his experiments out on his table. As a result many petri dishes grew fungus and mold. He later noticed that some of these molds prevented the growth of bacteria and so penicillin was discovered.

アレクサンダーは優秀だが不注意な研究者でした。
彼はよく自分の実験(物)をテーブルの上に置きっ放しにしていました。
その結果、たくさんのペトリ皿[シャーレー]が菌類やカビを生やしました[→ に菌類やカビが生えました」。
後に彼はこれらのカビのいくつかがバクテリアの成長を抑えることに気付き、それでペニシリンが発見されたんです。

B: That's interesting. I think I'll tell my mother that story the next time she tells me to clean my room.

それは興味深いですね。
(the) next time S+V : 今度[次に]SがVする時 [接続詞相当語句]
今度母が私に部屋を掃除するように言った時[→ 母に~するように言われたら]、母にその話をしてみようと思います。

A: So how about getting an early start for tomorrow's fishing trip?

fishing trip : 釣りに行くこと (trip は旅行とは限らない)
で、明日の釣りのため[釣りは]早く出発することにしませんか?

B: Sure. I'll pick you up at six.

はいそうしましょう。6時に車で迎えに行きます。

A: I'll be ready by the time you get there.

by the time S+V : SがVするまでに(は) → SがVする頃には [接続詞相当語句]
君がそこに着くまでには用意ができているようにします。
→ 君が来る頃には用意しておきます。

B: Great, then we should be able to arrive at the lake by 7:00 am.
should V : (当然)Vするはずだ [推量]
いいですね。そうすれば午前7時までには湖に着けるはずです。



次回-Lesson 13-Section 7. Conversation Guide


2015/05/19 08:13 [edit]

category: アメリカ口語教本-中級

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top