アメリカ口語教本-中級-和訳-Lesson 7-Section 3. Notes on Conversational Style

※ 先に「学習の順番」を読んで来てください。

※ テキスト(教本)を購入してから解説を参考にしてください。

アメリカ口語教本-中級用最新改訂版(CD付き)

Spoken American English _ Intermediate Course
アメリカ口語教本 _ 中級コース

Lesson 7


Working For The Times (タイムズ社に勤める)

Section 3. Notes on Conversational Style

1. Have (when meaning to posses) is frequently replaced in conversation by have got.

have(所有するを意味する場合)は会話ではよく have got に置き換えられる。

a. I've got a new coat, but I haven't got a new car.
a. 新しいコートは持ってるけど、新しい車は持ってない。

b. Have you got my pencil? / No. I haven't.
君、私の鉛筆を持ってる? / いいえ、持ってないよ。

「手に入れた結果今持っている」という現在完了の結果。
have = have got ['ve got] has = has got ['s got] (所有)
have to V = have ['ve got] to V has to V = has got ['s got] to V (Vしなければならない=必要・義務)
疑問文は Have you got …? Has he got …?
否定は haven't got hasn't got


2. Be careful when you use most, most of, almost, and almost all. The following groups of sentences mean approximately the same thing. But notice how the usage differs.

mostmost ofalmostalmost all を使うときは注意しなさい。次の文のグループはほぼ同じ事を意味している。しかし用法がどのように違うかに留意しなさい。

a. Most people like steak. / Almost everyone likes steak.
a. ほとんどの人はステーキが好きだ。/ ほとんど全ての人はステーキが好きだ。

b. Most of my friends like steak. / Almost all my friends like steak.
b. 私の友人のほとんどがステーキが好きだ。/ ほとんど全ての私の友人はステーキが好きだ。

You must not say almost my friends.

almost my friends」と言ってはいけない。

most ~most of ~ はここを参考ししてください。

almost は副詞なので、 all every no never などを修飾します。


3. Occasionally is usually replaced in conversation by the phrase once in a while.

occasionally は会話ではたいてい once in a while という句に置き換えられる。

a. I go to the movies once in a while.
a. 私は時々映画に行きます。

b. Once in a while even Professor Jones makes a mistake in English.
b. 時々ジョーンズ教授でさえ英語で間違える(ことがある)。


4. Had better means have a duty to or have an obligation to. In conversation had is frequently omitted. This expression is stronger in meaning than should, but not quite so storing as must. Be careful not to use had better indiscriminately in place of should.

had beter V は「Vする義務がある」「Vする責任がある」という意味である。会話では had はよく省略される。この表現は should より意味が強いが must ほど強くはない。had bettershould の代わりに無差別に使わないよう[→ 乱用しないよう]気をつけなさい。

a. You should see that movie. (It is entertaining and you will enjoy it.)
a. 君はあの映画を見に行った方が良いでしょう。(それは面白くて楽しめるしょう)
a. You had better see that movie. (You have a duty to see it.)
a. 君はあの映画を見に行くべきだよ。(君はそれを見る義務がある)

b. I had better feed the dog now.
b. 今犬にえさをあげなくてはいけない。

c. You had better go home. It's getting late.
c. 君は家に帰るべきです。時間が遅くなってきたから。

[ヒント] had beter1人称の主語 (I、We) だけに使い、それ以外は should を使うのが無難です。

hade better命令・威嚇・脅し、よくて忠告なので、「Vしなさい、Vすべきだ、Vしなければいけない、Vしたほうがいいぜ」などという和訳になります。それに反して shouldshall の仮定法過去形で遠回しな表現なので、「Vしたほうがいい」と言う和訳がいいと思います。(口語英語の場合)


5. Go right ahead is frequently used when giving permission.

Go right ahead は許可を与える時によく使われる。

a. May I have a drink? / Sure. Go right ahead.
a. 一杯(お酒を)をいただけますか[飲んでもいいですか]? / はい、どうぞ。

b. May I borrow your book? / Go right ahead.
b. あなたの本をお借りしてもよろしいですか? / はい、どうぞ。

c. Do you mind if I leave now? / Not al all. Go right ahead.
c. もし私が今帰ったらいやですか? → もう帰ってもいいですか?
c. 全くいやではありません。 → はい、いいですよ。どうぞお帰りください。

right は強調語。省略して Go ahead だけでも同意。


次回-Lesson-Section 2. Application Dialogue


2015/02/18 11:06 [edit]

category: アメリカ口語教本-中級

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top