アメリカ口語教本-中級-和訳-Lesson 3-Section 3. Notes on Conversational Style

※ 先に「学習の順番」を読んで来てください。

※ テキスト(教本)を購入してから解説を参考にしてください。

アメリカ口語教本-中級用最新改訂版(CD付き)

Spoken American English _ Intermediate Course
アメリカ口語教本 _ 中級コース

Lesson 3


Coffee Time

Section 3. Notes on Conversational Style

1. You can't beat means is very good, excellent, etc. This phrase is often used with when it comes to.

You can't beat は、とてもよい、すばらしい、などを意味する。この句は when it comes to と一緒によく使われる。
You can beat ~ : あなたは~を負かすことはできない → ~にはかなわない → ~が一番です
when it comes to ~[Ving] : ~[Vする]ということになると、~[Vすること]に関しては


a. When it comes to playing the piano, you can't beat Jimmy.
a. ピアノをひくことになると、ジミーにはかなわない[→ ジミーが一番うまい]。
b. When it comes to speaking English, you can't beat Taro.
b. 英語を話すことになると、太郎にはかなわない{→ 太郎が一番うまい]。

2. It's funny means It's strange, peculiar, etc.

It's funnyIt's strange It's peculiar などを意味する。
It's funny (that) … : …なのは奇妙だ、変だ、おかしい

a. It's funny Dad hasn't come home yet.
a. お父さんがまだ帰宅していないのはおかしい。
b. It's funny the dinner turned out so bad.
b. turn out (to be) ~ : (結果的に)~である、~だとわかる
b. 晩御飯がそれほどまずかったのは変だ。

3. How about is a friendly way of making a request or a suggestion. It means will you please; shall we; would you like; please give me; etc, but is much less formal. You should use it only with your friends and acquaintances.

How about は依頼や提案をする親しみのこめられた方法である。How aboutWill you pleaseshall weWould you likePlease give me、などを意味するが、How about のほうがずっと形式ばらない表現である。友達や知り合いにのみ使うのがよい。
How about ~[Ving] : ~[Vして]はどうでしょうか

a. How about helping me with my English? (Will you help)
a. 私の英語(の勉強)を手伝うのはどうでしょうか? → 手伝ってくれませんか?
b. How about singing a few songs for us? (Will you sing)
b. 私達のために数曲歌を歌ってはどうでしょうか? → 歌ってくれませんか?
c. How about going to the beach? (Shall we)
c. 浜辺に行くのはどうでしょうか? → 行きませんか? / 行ったらどうですか?
d. How about a piece of cake? (Would you like)
d. ケーキを一切れどうですか? → いかがですか? / くれませんか?
e. How about one of those cookies? (Please give me)
e. クッキーをひとつどうですか? → いかがですか? / くれませんか?

4. That sounds great is often used when accepting an invitation or a suggestion. It means fine, excellent, all right. Sometimes that is omitted.

That sounds great (それはすばらしく聞こえる → いいですね) は招待や提案を受け入れる時によく使われる。この表現は fineexcellentall right を意味する。時々 That は省略される。

5. Going to (ゴナ/ガナ) is used very frequently to express future time.

Going to (ゴナ/ガナ と発音する) は未来の時を言い表すのに非常によく使われる。
(前もって決めていた意図を表す → ~するつもりだ、~する予定だ、~しようと思っている)

a. Jimmy is going to play the piano.
a. ジミーはピアノをひくつもりです。
b. Taro is going to study English.
b. 太郎は英語を勉強する予定です。
c. Mrs. Jones is going to write a book.
c. ジョーンズさんは本を書く予定です。
d. I'm going to go to the mountains.
d. 私は山に登るつもりです。


次回-Lesson 3-Section 2. Application Dialogue


2015/01/05 07:15 [edit]

category: アメリカ口語教本-中級

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top