Fri.

文型を学習する意義  

文型を学習する意義

本来は最初の最初に書いておくべき内容だったのですが、ブログ形式で見切り発進してしまったので、改めて書いておきます。

まず「文型」という用語ですが、私は、「動詞の文型」と「文の文型」の二つに分けています。

ちょっと次の英文を見てください。

It is difficult to learn a foreign language in a short time.
短い時間で外国語を習得することは難しい。

中3程度の英語ですが、動詞が2つ使われています。
is は今更説明するまでもない簡単な動詞ですが、一応確認しておきます。
isitdifficult(形容詞=補語=C) とをイコールに連結する(不完全)自動詞で、辞書で自動詞の欄を探せば、「is C = Cである」という意味だとわかります。
learnto の次に来ているので主語はありませんが、後に a foreign language という名詞=目的語=Oを従えている(完全)他動詞で、辞書で他動詞の欄を探せば、「learn O = Oを習得する」という意味だとわかります

補語(C)目的語(O)(不完全)自動詞(完全)他動詞という文法用語はこれから順番に説明していくので今はわからなくても結構です。

覚えておいて欲しいことは、

動詞の文型」を把握して、辞書で的確に意味を探せるようになって欲しい。

よく使う基本的な動詞の用法」を覚えて、英文を早く理解できるようになって欲しい。

ということです。

でもこの英文は動詞の使い方がわかったでは意味がわかりません。
to learn不定詞の名詞的用法で「習得すること」という意味だということ.。
先頭の itto learn を受ける仮[形式]主語だということ。
It is ~ to V(動詞の原形) → Vすることは~だ」という「文の文型」がわかって初めて文意が理解できるのです。

ですから次に覚えて欲しいことは、

文法を理解して英文の構造を理解するための「文の文型」を身につけて欲しい。

ということです。

両方同時に始めたいところですが、まず「動詞の文型」から始めます。
文の文型」は文法の知識が必要ですから、本格的に始める前に、「中学英語・ちょっと復習」で基礎のさらに基礎固めをしておいてください。

動詞の文型の学習順番を次に書いておきます。

1. 単純な(完全)自動詞と(完全)他動詞の判別
2. 不完全自動詞の説明
3. 文型-S+V (+M) と S+V+C (+M) と S+V+O (+M) の説明と判別
4. 授与動詞と S+V+O+O (+M) の説明
5. 不完全他動詞と S+V+O+C (+M) の説明
6. 基本5文型の判定
7. 基本5文型の問題点
8. 実用的な動詞の文型の紹介
9. 重要動詞の文型を個別に順番に説明
9.( これが延々と続きます。覚悟しておいてください。) (^_^;)


次回-(完全)自動詞と(完全)他動詞の判別


動詞の文型の目次 (これまでに書き終えた項目)

文型を学習する意義

(完全)自動詞と(完全)他動詞の判別

副詞(相当語句)の消去

間違えやすい(完全)自動詞と(完全)他動詞

意外な意味のある(完全)自動詞と(完全)他動詞

動詞の目的語と名詞相当語句

いろいろな副詞相当語句

be動詞

不完全自動詞

完全自動詞・不完全自動詞・完全他動詞の判別 その1

完全自動詞・不完全自動詞・完全他動詞の判別 その2

授与動詞 (SVOO) その1

授与動詞 (SVOO) その2

授与動詞 (SVOO) その3

不完全他動詞 (SVOC) その1

不完全他動詞 (SVOC) その2

いろいろな補語 S+V+C の場合

いろいろな補語 S+V+O+C の場合

基本五文型全ての判定

[基本5文型の問題点]

消せない副詞相当語句(M)

消せない副詞相当語句(M)の続き

付け足し補語(擬似補語・準補語)その1

付け足し補語(擬似補語・準補語)その2

S+V+O+as C と S+V+O+to be C の文型 その1

S+V+O+as C と S+V+O+to be C の文型 その2

[重要動詞の文型]








2014/12/19 10:49 [edit]

category: 動詞の文型

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top