アメリカ口語教本-中級-和訳-Lesson 1-Section 3. Notes on Conversational Style

※ 先に「学習の順番」を読んで来てください。

※ テキスト(教本)を購入してから解説を参考にしてください。

アメリカ口語教本-中級用最新改訂版(CD付き)

Spoken American English _ Intermediate Course
アメリカ口語教本 _ 中級コース

Lesson 1


DIY _ DO IT YOURSELF
自分で作ろう

Section 3. Notes on Conversational Style
会話体に関する注釈

In conversation, questions are frequently indicated by intonation, even though the sentence is in the form of a statement. For example: And these things turn out all right? Practice the following sentences both as questions and statements. For questions, use a rising intonation; for statements, a falling intonation.

会話では、文は平叙文の形式をしていても、イントネーションによってはしばしば疑問文が[疑問文と同じ意味が]表される。例:「で、これらの物はうまくできあがるの?」 次の文を疑問文と平叙文の両方で練習しなさい。疑問文には上昇調のイントネーションを使いなさい;平叙文には下降調のイントネーション使いなさい。
注: 平叙文 = 肯定文 + 否定文

a. You're going? / You're going.
a. 君、行くの? / 君、行くんだ
b. He's your brother? / He's your brother.
b. 彼は君の兄弟? / 彼は君の兄弟なんだ
c. You think he's clever? / You think he's clever.
c. 君、彼が賢いと思ってる? / 君、彼が賢いと思ってるね

Tag questions: In conversation we often add question phrases to the end of statements. These tag questions are formed from the helper verb (or do, if there is no helper verb) plus a pronoun. Remember this rule: main verb affirmative, tag verb negative: main verb negative, tag verb affirmative.

付加疑問文:会話ではしばしば平叙文の文末に疑問の語句[疑問形]を加える。これらの付加疑問文は助動詞(又は助動詞がない場合は do)と代名詞で成り立っている。次のルールを覚えておこう : 主動詞[本動詞が肯定なら付加疑問の動詞は否定:主動詞[本動詞]が否定なら付加疑問の動詞は肯定。

a. You can sing, can't you?
a. 君は歌が歌えますよね。 / 歌えるんでしょ。)
b. You can't sing, can you?
b. 君はは歌が歌えないんですよね。 / 歌えないんでしょ。)
c. John doen't play the piano, does he?
c. ジョンはピアノを弾きませんよね。 / 弾かないのでしょ。)
d. John plays the piano, doesn't he?
d. ジョンはピアノを弾きますよね。 / 弾くのでしょ。)

If the tag question merely asks for confirmation of something we already know, it is spoken with a falling intonation. If it is a real question, it is spoken with a rising intonation:

もし付加疑問文がもうすでに知っている事柄の確認を単に求めるだけなら、下降調のイントネーションで話される。もし本当の疑問文であれば、上昇調のイントネーションで話される。

a. John is a good student, isn't he? (Falling. I think he is.)
a. ジョンは良い生徒なんでしょ。 (下降調。私は彼は良い生徒だと思う)
b. John is a good student, isn't he? (Rising. I'm not sure whether he is or not.)
b. ジョンは良い生徒ですよね? (上昇調。彼が良い生徒かどうか確信がない[よくわからない])

In the following lessons you will find numerous examples of the use of tag questions.

今後のレッスンでは、数多くの付加疑問文の使用例が見つかるでしょう[出てきます]。


次回-Lesson 1-Section 2. Application Dialogue の和訳


2014/12/16 21:29 [edit]

category: アメリカ口語教本-中級

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top