FC2ブログ

if を使った未来を表す文の練習-その8 (if S were to V)

if を使った文 - 導入 - 目次



まず、以前説明した、S be to V の用法の次の箇所に目を通してください。

if S be to V

この用法は、時々見かけますが、一般にはあまり認められた用法とは言えないようです。

辞書や参考書類にも載せられていませんので、通俗的な用法かもしれません。

この be to仮定叙想]法過去形were to にすると、受験英語でもお馴染みの立派な(?)正用法になります。

1. If you were to give one piece of advice to yourself, what would it be?
1. もし仮に自分に1つ助言をするとしたら、それは何でしょうか?

2. Even if I were to die, somebody would remember me.
2. たとえ仮に私が死ぬようなことになっても、誰かが私のことを覚えていてくれるだろう。



用法まとめてみます。

If S1 were to V1, S2 would V2.
If S1 were to V1, S2 might V2.
If S1 were to V1, S2 could V2.
・・・・・・・・・・・・・・・・・
もし仮に S1 が V1 するようなことがあれば、
S2 は V2 するだろう。
S2 は V2 するかもしれない。
S2 は V2 できるだろう /
V2 するかもしれない。

仮の話の前提として用いられます。

実現の可能性がかなり高い場合もあれば、非常に低い場合もあります

また、口語英語では、were の代わりに was も用いられます。

Even if I was to die …



《余談》

この表現は、私が高校生の時は、次のように教えられました

If S were to V は、実現の可能性が全くないか極めて低い場合に用いられる。」

3. (Even) If the sun were to rise in the west, she would never change her mind.
3. たとえ仮に太陽が西から昇るようなことがあっても、彼女は決して気持ちを変えないだろう。

実現の可能性が全くない場合には、「万一~なら」should は使ってはいけない

(×) (Even) If the sun should rise in the west ….



ほぼこの内容で合っているのですが、問題は、「実現の可能性が全くないか極めて低い場合に用いられる。」です。

これは間違いです。

この表現は、実現の可能性の高低とはかかわりなく使われます

3.可能性がゼロですが、2.人はいつ死ぬかわからないし、1.十分あり得る話です。

次の例も、可能性は十分にあります

4, If I were[was] to offer you the job, would you say yes?
4. もし仮に君にその仕事を提供したら、君ははいと言ってくれるだろうか。
4. → もし君にその仕事を頼んだら、引き受けてもらえるだろうか。

また、次のように、遠回しな依頼にも使えます。

5. If you were to move over a little, we could all sit down.
5. move over : (席などを) 詰める
5. もう少し詰めていただいたら、全員座れるのですが。

この文は、

Could you move over a little so we can all sit down?
so (that) S can V : SがVできるように(目的)
全員座れるように少し詰めていただけませんか。

という疑問文を遠回しに表現した、非常にていねいな依頼文になります。



では、例文を覚えてしまいましょう。

1. もし仮に自分に1つ助言をするとしたら、それは何でしょうか?
2. たとえ仮に私が死ぬようなことになっても、誰かが私のことを覚えていてくれるだろう。
3. たとえ仮に太陽が西から昇るようなことがあっても、彼女は決して気持ちを変えないだろう。
4. もし仮に君にその仕事を提供したら、君ははいと言ってくれるだろうか。
4. → もし君にその仕事を頼んだら、引き受けてもらえるだろうか。
5. もう少し詰めていただいたら、全員座れるのですが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1. If you were to give one piece of advice to yourself, what would it be?
2. (Even) If I were[was] to die, somebody would remember me.
3. (Even) If the sun were[was] to rise in the west, she would never change her mind.
4. If I were[was] to offer you the job, would you say yes?
5. If you were to move over a little, we could all sit down.



《質問》

5.例文を、If S were to V使わないで、ただの仮定[叙想]法過去形を使って、次のように言っても構いませんか?

If you moved over a little, we could all sit down.

《答え》

もちろん構いません。.

それでも十分にていねいな表現です。

If you were to move over a little,
If yuu would move over a little,
If you could move over a little,

のように、意図を表す be to依頼を表す will / can仮定[叙想]法過去形were to / would / could を加えると、さらに遠回しでていねいな表現になるだけです。

ちなみに、1. 2. 3. 4. の例文も、ただの仮定[叙想]法過去形を使ってもよいと思います。

1. If you gave one piece of advice to yourself, what would it be?
2. Even if I died, somebody would remember me.
3. Even if the sun rose in the west, she would never change her mind.
4. If I offered you the job, would you say yes?



次回-if を使った現在を表す文の練習 - ( If + S + V[現在形])

if を使った文 - 導入 - 目次


2018/10/08 08:00 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

if を使った現在を表す文-その1 ( If + S + V[現在形])

if を使った文 - 導入 - 目次



これまでは、if を使った未来を表す文」 を学習してきました。

基本的には、

if + S + V(s) (現在形)(未来に) SがVすれば (可能性大)

If you study harder, you will [would] pass the exam.
もしもっと一生懸命勉強すれば、その試験に受かるだろう。

If + S + Vp (過去形)(未来に) SがVしたら (可能性小)

If you studied harder, you would pass the exam.
もしもっと一生懸命勉強すれば、その試験に受かるだろう(に).

2つを覚えておけば、とりあえずは間に合います

現在形は現在の行為を表すとか過去形は過去の行為を表すのような固定観念はこの際キッパリ忘れてしまいましょう!



中学の時習った動詞の変化表を見てみましょう。

原形go / 現在形go(es) / 過去形went / 過去分詞形gone / ing 形 [現在分詞形][動名詞]going

英語の動詞には、この5つの形しかありません



このうち、過去分詞形ing 形 は、

S + be + 過去分詞形 (受身)
S + have[has][had] + 過去分詞形 (完了形)
S + be + ing形 (進行形)

のように、主語の次に単独で使われることはありません

しかもよく考えると、完了形have has は、どう見ても現在形ですし、had過去形です。

受身進行形be 動詞も、am is are現在形was were過去形です。



原形主語の後に続けて使う時は、まれな場合を除いて

S + 助動詞 + 原形

の形で使われます。

He will come tomorrow.
彼は明日(きっと)来るだろう。(と話し手は今思っている)
He might come tomorrow.
彼は明日(ひょっとしたら)来るかもしれない。(と話し手は今思っている)

come tomorrow (明日来る)未来を表していますが、will 自体現時点での話し手の推量を表しているので、現在形です。

might現時点の推量を表していて、形は過去形です。



ということは、主語の次に単独で使われるのは、

S + 原形 (まれ)
S + 現在形
S + 過去形

いずれかということになります。

S + 原形 は、いわば古い英語の残骸で、次のような特殊な場合しか使われません

[祈願文]
God bless you. []
神があなたをお守りしますように!→ 神の御加護がありますように!
God damn it. []
神がそれを呪いますように!→ くそっ!畜生!

[提案・要求・主張などを表す that 節]
I insist (that) your son see a doctor.
私は君の息子が医者に診てもらうことを主張する。
→ 君の息子は医者に診てもらわなくてはいけない。
It is necessary (that) your son see a doctor.
君の息子は医者に診てもらう必要がある。

これらの原形は、「仮定法現在形」と呼ばれる古い英語の残骸で、未来・現在の可能性の高い仮定を表しています。後で詳説します。



という訳で、英語主語の次に来る動詞の形は、基本的に、

S + 現在形
S + 過去形

2つしかないということになります。

しかも、この2つ = 現在形と過去形で、全ての時 = 現在・未来・過去を表さなければいけません

このことが分かっていなければ、なぜ未来の仮定に現在形や過去形が使われているのか理解できません



ところで、現在形過去形には、次の2つの形があります。

[直説[叙実]法現在形]
中学1年生で学習した現在形
現在の事実や習慣を表す。
= 現在
下の仮定[叙想]法現在形の代用として使われている場合は、 = 現在未来

[仮定[叙想]法現在形]
形は皆さんが知っている原形と同形。
現在・未来の可能性の高い仮定・想像を表す。
古い形式の英語で、現代英語では、助動詞 + 原形 や 直説[叙実]法現在形 で代用されることが多い。
= 現在未来

[直説[叙実]法過去形]
中学1年生(昔は2年生)で学習した過去形。
過去の事実や習慣を表す。
= 過去

[仮定[叙想]法過去形]
一般動詞は直説[叙実]法過去形と同形。
be 動詞は基本的に were のみ。口語英語では was も使われる。
未来の可能性の低い仮定・想像、現在の事実の反対の仮定・想像を表す。
= 現在未来



最初に復習した、

if + S + V(s) (現在形)
if + S + Vp (過去形)

は、正確に言うと、

if + S + V(s) (仮定[叙想]法現在形の代用の直説[叙実]法現在形)
if + S + Vp (仮定[叙想]法過去形)

で、未来の仮定・想像に使えるのです。



さらに続きます。
もう少しお待ちください。 (^-^)

2018/10/17 22:00 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top