動名詞の用法その14-慣用表現-(13) go Ving

明けましておめでとうございます。 (^-^)
長い間ブログを更新できなくて申し訳ありませんでした。 m(__)m
時間貧乏で、書きこむ時間がなかなか見つけられなくて困っていますが、少しずつでも書き込み続けますので、時々はのぞきに来てもらえればうれしいかぎりです。




動名詞 [Ving] の用法-総合目次



go Ving
Vしに行く

[例文]

1. I went shopping at a department store last Sunday.
2. We are planning to go swimming in the river next Sunday.
be planning to V [ニング] = be going to V : Vするつもりだ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1. 私はこの前の日曜日にデパートに買い物に行きました。
2. 私達は今度の日曜日に川に泳ぎに行くつもりです。

go shopping (買い物に行く)go swimming (泳ぎに行く) は、中学校の学習範囲ですので、「今さら?」と思われるかもしれませんが、今回は高校生・一般向けに少し詳細に扱いたいと思います。



go Ving生成過程には2説あるようです。

1. 元は go a [= on} Ving という形であったが、 a [= on}省略された。

2. 元は go for Ving であったが、 for省略された。

これらの説通りならば、go VingVing前置詞の目的語動名詞ということになります。

しかし、現代英語では a [= on}for が付くことはなく、go Ving という形でしか使われないので、Ving動名詞現在分詞あいまいで、現在分詞に分類する参考書も多いようです。

いずれにせよ、動名詞か現在分詞かという議論は不毛で、go Ving (Vしに行く) という慣用表現として覚えておくだけで十分です。



go VingV には、通例、スポーツ・娯楽・活動などを表す動詞が使われます。

go swimming (泳ぎに行く)
go fishing (釣りに行く)
go skiing (スキーに行く)
go skating (スケートに行く)
go snowboarding (スノーボードに行く)
go dancing (ダンスに行く)
go hunting (狩りに行く)
go cycling (サイクリングに行く)
go walking (ウォーキングに行く)
go jogging (ジョギングに行く)
go running (ランニングに行く)
go hiking (ハイキングに行く)
go picnicking (ピクニックに行く)
go shopping (買い物に行く)
go drinking (飲みに行く)
go climbing (山登りに行く)
go sailing (セーリング=ヨットに乗りに行く)
go camping (キャンプに行く)

Ving目的語Ving前に置いた 名詞 + Ving も使われています。

climb a mountain (山に登る) → mountain(-)climbing
hunt (for) a job (仕事を探す) → job(-)hunting
see the sights (観光名所を見物する) → sightseeing

go mountain(-)climbing (山登りに行く)
go job(-)hunting (仕事探しに行く)
go sightseeing (観光に行く、観光する)



[用法上の注意点]

I went to a department store.
(私はデパートへ行きました。)
  +
shiopping (買い物)
  ↓
I went shopping to a department store. (?×)
(私はデパートへ買い物に行きました。)

という風に考えがちですが、慣用的ではありません
(通じること通じますが・・・ (;゚Д゚))

I went.
(私は行きました。)
  +
shop(ping) at a department store
(デパート買い物をすること → デパートでの買い物)
  ↓
I went shopping at a department store. ()
(私はデパートでの買い物に[→ デパートに買い物に]に行きました。)

と言うほうが慣用的です。

同じく、

We are planning to go swimming to the river. (?×)

より、

We are planning to go swimming in the river. ()
私達は川に泳ぎに行くつもりです。

のほうが慣用的普通の表現です。



結局、

go Ving at [in] [on] ~
~にVしに行く

と覚えておけば実戦的です。

どの前置詞を使うかはケースバイケースです。

go fishing in a river
川に釣りに行く
(普通は多少とも川の中に入って釣りをするから)
(川を単に釣りをする場所ととらえれば at a river も可)
go fishing at a pond
池に釣りに行く
(池という場所で釣りをするから)
go fishing at a lake
湖に釣りに行く
(単に釣りをする場所ととらえる場合)
(湖にボートを浮かべて釣りをする場合は on a lake、多少とも水の中に入るのなら in a lake)
go skating on a lake.
湖にスケートをしに行く
(氷上で滑るイメージを思い浮かべれば on a lake、スケートをする場所扱いすれば at a lake)
go skating at an indoor ice rink
屋内スケート場にスケートをしに行く
(普通は公共施設扱いして at a rink、表面を滑るのををイメージすれば on a rink)
go swimming at a pool
プールに泳ぎに行く
(pool は公共施設なので、in ではなくて at が普通、ただし個人所有のプールならば in も可)
go swimming at a beach
ビーチに泳ぎに行く
(beachat が普通)

例はすべて a ~ で書いていますが、もちろん、いつもの行きつけの場所であれば the ~ になることは言うまでもありません。

一応、経験から私なりの見解を述べましたが、この前置詞の選択は難しいですね。



《質問》

英会話で、思わず、

I went to a department store.

言ってしまった場合は、どうフォローすればよろしいでしょうか?

《答え》

書く場合はともかく、話す場合はそういうことはよくありますね。(^-^)

そういう場合は、言い直すと見苦しいので、

I went to a department store to shop.
私は買い物をするためにデパートへ行きました。

のように、 to V (Vするために)付け加えましょう

この場合、 shop「買い物をする」 という意味の自動詞で、 to V不定詞の副詞的用法の目的になります。

I went to a department store for shopping. (??)

という英語も考えられますが、不自然な英語と考えられていますので、避けたほうが無難です。

これは、 to V (Vするために) は、一時的な個人的目的を表すのに適しているのに対して、 for Ving (Vするために) は、恒常的な一般的目的を表すのに適しているからだと思います。

I went to a department store to shop.
買い物をするため[しに]にデパートへ行った。(一時的個人的目的)
This bag is useful for shopping.
このバッグは買い物をするために[するのに]役に立つ。(恒常的一般的目的



例文をいくつか追加しておきます。

We are planning to go swimming in the river next Sunday.
= We are planning to go to the river to swim next Sunday.
私達は今度の日曜日に川に泳ぎに行くつもりです。

Why don't we go fishing at the pond tomorrrow.
= Why don't we go to the pond to fish tomorrow.
Why don't we … ? = Shall we … ? : Vしませんか?
明日池に釣りに行きませんか?



《ちょっとプラス》

続きはもう少し待って下さい。m(__)m

2018/01/08 06:46 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top