to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その12-総まとめ

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次



to 不定詞 [to + V] の表す 「」 を点検し始めてもう12回目。

今回で最終回です。




to 不定詞 [to + V]to は、元は 「方向」 を表す前置詞で、Vする方向に向かって」 というのが本来の意味だから、基本的に 「未来志向」 である、とよく言われます。

今回の総点検で心に浮かんだのは、「はたしてそうだろうか?」 という疑問です。

単純に 「未来志向」 という考えでは説明しきれないほど、to 不定詞 [to + V] は多様化・複雑化しているように思えます。

今回総まとめとして、述語動詞「時」 に対する 単純不定詞 = to + V完了不定詞 = to have Vpp を、少し詳細に分類してみましょう。



単純不定詞 = to + V の表す 「



1. 「述語動詞の時」 より 「未来」 を表す
1.実際にV する[した]かどうか不明の場合)

この場合、to + VV には、 動作動詞 が入ります。

[be to V-予定]
The President is to visit Japan next year.
大統領は来年日本を訪問することになっている。

[形容詞的用法]
Do you have anything to do tonight?
今晩何かすることありますか?

[疑問詞 + to V)]
I didn't know what to do.
私は何をすべきか[どうしたらいいか]わからなかった。

[whether to V]
I can't decide whether to go or (to) stay.
私は行くべきかとどまるべきか決めることができない。

[副詞的用法-目的]
I am studying very hard to pass the exam for Todai.
私は東大の試験に合格するために一生懸命勉強しています。

[be 形容詞 to V の文型(慣用表現)]
He was eager to see her.
彼はしきりに彼女に会いたがっていた。

[動詞 + to V の文型]
I hope to marry her.
私は彼女と結婚したいと願っています。

[動詞 + O + to V の文型]
My father told me to study harder.
父は私にもっと一生懸命勉強するように言った。



2. 「述語動詞の時」 より 「未来」 を表す
1.実際にV する[した]ことを暗示する場合)

この場合も、V には 動作動詞 が入ります。

[動詞 + O + to V の文型]
My parents allowed me to study abroad.
両親は私が留学することを許してくれた。

I persuaded him to give up smoking.
私は彼を説得してタバコをやめさせた。



3. 「述語動詞の時」 より 「後で行われた行為」 = 「未来」 を表す
1.結果的に実際にV した場合)

この場合も、やはり 動作動詞 です。

[be to V-運命]
I was to marry you after all.
私は結局君と結婚する運命だったんだ[ことになってたんだ]。

[副詞的用法-結果]
He grew up to be a great scientist.
彼は成長して偉大な科学者になった。

この場合の be は、become同意で、動作動詞です。



ここまでは、誰もが認める 未来志向」 の英文ばかりです。



4. 「述語動詞の時」 と 「全く同時の状態」 を表す

この場合、V には 通例、状態動詞 が入ります。
特に be動詞 が入った to be ~多用されます。

動作動詞 の場合は、次のように、状態動詞化している場合に限ります。

to be Ving (一時的にVしている状態 = 進行中)
to be Vpp (繰り返し、又は一時的に、Vされている状態 = 状態の受身)
to V (習慣的・一般的にVしている状態)

[seem to V]
He seems to love her. (状態動詞)
= It seems that he loves her.
彼は彼女を愛しているようだ[ように思われる。
He seems to be busy now. (be動詞)
= It seems that he is busy now.
彼は今忙しいようだ[ように思われる。
He seems to be studying in his room now. (進行中)
= It seems that he is studying in his room now.
彼は今自室で勉強しているようだ[ように思われる]。
He seems to be very shocked. (一時的受身状態)
= It seems that he is very shocked.
彼はとてもショックを受けているようだ[ように思われる]。
He seems to come here every day. (習慣的に繰り返される動作)
= It seems that he comes here every day.
彼は毎日ここに来ているようだ[ように思われる。

特定の場合に一回だけ行われる動作動詞は、未来 を表すので使えません

He seems to come to the party. (× 一回だけの特定行為)
= It seems that he will come to the party. (○)
彼はそのパーティーに来るようだ[ように思われる]。

最後の例は、進行形を使えば未来を表すことができます。

He seems to be coming to the party. (○)
= It seems that he is coming to the party.
彼はそのパーティーに来るようだ[ように思われる]。

[appear to V]
He appears to love her.
= It appears that he loves her.
彼は彼女を愛しているようだ[ように見える]。

[prove to be ~ = turn out to be ~]
The rumor proved to be true.
The rumor turned out to be true.
= It turned out that the rumor was true.
そのうわさは本当であることがわかった。

[think[believe][find] + O + to be C 型の文型]
We think her to be smart.
= We thihk (that) she is smart.
私達は彼女を頭がいいと思っている。

[be thought[believed][said] to V 型の文型]
She is thought to be smart.
= It is thought that she is smart.
彼女は頭がいいと思われている。

これらの場合は、明らかに 「同時志向」 で、「未来志向」 ではありませんね。

これらの文型に、後述する to have Vpp [完了不定詞」多用されます。



5. 「述語動詞の時」 より 「」 か 「ほぼ同時」 を表す

[副詞的用法-感情の原因]
I am glad to meet you.
(私は)あなたにお会いできてうれしいです。

V して、それが原因で喜んでいるのですから、「Vする行為は直前に終わっている」「ほぼ同時」 かどちらかです。

[副詞的用法-判断の根拠]
I was foolish to buy such a car.
= It was foolish of me to buy such a car.
そんな車を買うなんて私は馬鹿だtった。

Vするとは[するなんて]、馬鹿だったと判断しているのですから、「Vする行為はすでに終わっている」「ほぼ同時」 かのどちらかです。

これらの用法の場合、「述語動詞の時」 より 「前時」 をはっきり表すために、 to have Vpp が使われることがあります

I am glad to have met you.
お会いできたのはうれしいです。
→ お会いできてよかったです。(別れ際のあいさつ)
I was foolish to have bought such a car.
= It was foolish of me to have bought such a car.
そんな車を買ったなんて私は馬鹿だった。

これらも、明らかに 「未来志向」 ではありません



6. 「述語動詞の時」 と 「ほぼ同時」を表す

「述語動詞の時」 と「全く同時」 とは言えないまでも、to V の行為に結果的に到達しているので、「ほぼ同時」 と解釈できる場合です。

[be to V-可能]
My car was not to be found anywhere.
私の車はどこにも見つけられることができなかった。
→ 見つからなかった。

「見つけられる行為に到達しなかった」原意です。

be to Vこの用法以外「未来志向」 です。

[形容詞的用法]
He was the first (man) to fly in the air.
= He was the first man who flew in the air.
彼は空を飛んだ初めての(男の)人だった。
I had a chance to speak to her yesterday.
私は昨日彼女に話しかける機会があった。

[be 形容詞 to V の文型(慣用表現)]
I was able to pass the exam.
私はその試験に合格することができた。

この文型は 「未来志向」 が多いですが、たまにこのような例もあります。

[動詞 + to V の文型]
I managed to catch the first train.
私はなんとか始発電車に間に合った。
I've learned to swim.
私は泳げるようになりました。

[動詞 + O + to V の文型]
The scholarship enabled me to study abroad.
奨学金は私がが留学することを可能にした。
→ 奨学金のおかげで私は留学することができた。



7.. 「述語動詞の時」 と 無関係 = 「時間的に中立

[形容詞限定]
This book is easy to read.
この本は読むのが簡単だ[読み易い]。
This is an easy book to read.
これは読み易い本です。

to readeasy だけを限定していて、is「時」 とは 無関係「時間的に中立」 だと解釈できます。

ただし、

「この本を読んでみたらどうですか?読めば簡単ですよ。」

と解釈すれば、「未来」 とも解釈できますし、

(I found) this book was easy to read.
この本は読み易かったですよ。

は、実際に読んでいるので、「同時」 とも解釈できます。

微妙ですね。 (・。・;

[too ~ to V]
She is too young to get married.
彼女は結婚するには(あまりにも)若すぎる。
[~ enough to V]
She is old enough to get married.
彼女は結婚するのに十分年齢がいっている。
→ 彼女は結婚できる年齢だ。
[so ~ as to V / such ~ as to V ]
I am so young as to climb Mt Fuji.
私は富士山に登れるほど若い。
He is not such a foolish person as to believe that story.
彼はその話を信じるほど馬鹿な人ではない。

too ~ to V
Vするには(あまりにも) ~すぎる
~ enough to V
Vする[できる]のに十分~だ
Vする[できる]ほど~だ
so ~ as to V
Vする[できる]ほど[くらい]~だ
such ~名詞 as to V
Vするほど[くらい]~な名詞

これらの 「程度」 を表す文型も、「述語動詞の時」 とは無関係で、「時間的に中立」 だと考えられます。

ただし、先ほどの 「形容詞限定」 と同様、「to V の行為をまだしていない場合」「未来」 に、 「to V の行為を実際にしている場合」「同時」 とも解釈できます。

She is old enough to get married.
→ 彼女は結婚できる年齢だ。
(結婚するとしてもそれは 「未来」)
This book was easy enough for me to read.
この本は私が読めるほど簡単だった。
(実際に読んでいるので 「同時」)

[好みを表す他動詞 + to V]
I like to play video games.
僕はテレビゲームをするのが好きだ。

この英文は、動名詞を使って

I like playing video games.
僕はテレビゲームをするのが好きだ。

と言っても、基本的同意です。

to play video games = playing video games
(一般的習慣的に) テレビゲームをすること

ですから、「述語動詞の時」 とは無関係「時間的に中立」 ということになります。

ただし、to V を使う

I like to play video games. は、

I'd like to play video games.
僕はテレビゲームをしたいんです。

同意に取られて、 「未来」 に解釈される可能性が高いですから、「一般的・習慣的好み」 を述べたい場合は、動名詞を使った、

I like playing video games. を使うほうが無難でしょう。

[be 形容詞 to V の文型(慣用表現)]
He is apt to forget people's names.
彼は人の名前を忘れがちだ。

主語のの習慣的傾向性を述べているのですから、「時間的に中立」 と言えます。

ただし、「Vする傾向性があるから、Vするかもしれない」 と考えれば、「未来」 だと解釈できますし、「Vする傾向性を持っている」 と考えれば、「同時」 とも解釈できます。



完了不定詞 = to have Vpp の表す 「

to have Vpp は、述語動詞の時点での完了 / 述語動詞の時点までの継続・経験 / 述語動詞の時よりも前 = 過去・大過去[過去の過去] を表します。

学校の教科書市販の参考書は、「述語動詞よりも以前を表す」 と説明し、過去・大過去を表す例文を多く挙げ完了・継続・経験を表す例文を少ししか挙げていないのが現状です。

もう少し、完了・継続・経験の例文も増やして欲しい、というのが私の希望です。

to have Vpp多用されるのは、上記の 4.分類されている次の文型です。

seem to V
appear to V
be thought[believed][said] to V


これらの文型の to VV は、通例、状態を表す動詞で、特に to be多用されます。
to have Vpp になると、動作動詞も使うことができ、次のような意味になります。

(ずっと) Vしている [継続]
Vしたことがある [経験]
(もう) Vした [完了]
(まだ) Vしていない [完了]
Vしたばかり [完了]
Vした [過去]
Vしていた [過去]
    

ように思われる [seem]
ように見える [appear]
と思わ[信じら][言わ]れている [be thought / be believed / be said]

わかりにくいですか?

では、例文で覚えてしまいましょう。



8. 「述語動詞の時点」 での 「完了」 / 「述語動詞の時点」 までの [「継続」・「経験」

1. Ken appears to have been sick since yesterday afternoon.
1. = It appears that Ken has been sick since yesterday afternoon.
2. Ken seems to have visited Kyoto before.
2. = It seems that Ken has visited Kyoto before.
3. Ken was thought to have already finished all his homework.
3. = It was thought that Ken had already finished all his homework.
4. Ken appeared to have just got(ten) up.
4. = It appeared that Ken had just got(ten) up.
5. Ken seems not to have eaten lunch yet.
5. = It seems that Ken hasn't eaten lunch yet.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1. ケンは昨日の午後からずっと調子が悪そうに見える。
2. ケンは以前京都を訪れたことがあるように思われる。
3. ケンはもうすでに宿題を全て終わらせた[ている]と思われていた。
4. ケンはちょうど起きたばかりのように見えた。
5. ケンはまだ昼食を食べていないように思われる。

3. 4. のように、述語動詞過去の場合は、厳密に言えば to have Vpp過去完了の意になりますが、和訳は現在完了のままで結構です。

言わば、過去の時点での現在完了 とでも言ったところでしょうか?



9. 述語動詞の時よりも前 = 過去・大過去[過去の過去]

1. He seems to have gone home an hour ago.
1. = It seems that he went home an hour ago.
2. He seemed to have gone home an hour before.
2. = It seemed that he had gone home an hour before.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1. 彼は1時間前に家に帰ったように思われる[帰ったようだ]。
1. (過去に帰ったように現在思われる。)
2. 彼は1時間前に家に帰ったように思われた[帰ったようだった]。
2. (大過去に家に帰ったように過去に思われた)
2. (had gonewent の時制の一致なので、和訳は 「過去」 のまま)

3. He seems to have been sick last week.
3. = It seems that he was sick last week.
4. He seemed to have been sick the week before.
4. = It seemed that he had been sick the week before.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3. 彼は先週病気だったように思われる[だったようだ]。
3. (過去に病気だったように現在思われる)
4. 彼は前の週病気だったように思われた[だったようだった]
4. (大過去に病気だったように過去に思われた)
4. (had beenwas の時制の一致なので、和訳は 「過去」 のまま)

5. He is believed to have gone there on that day.
5. = It is believed that he went there on that day.
6. He was believed to have gone there on that day.
6. = It was believed that he had gone there on that day.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5. 彼はその日そこに行ったと信じられている。
5. (過去にそこに行ったと現在信じられている)
6. 彼はその日そこに行ったと信じられていた。
6. (大過去のその日にそこに行ったと過去に信じられていた)
6. (had gonewent の時制の一致なので、和訳は 「過去」 のまま)


お疲れ様でした。 (^^)




次回-to 不定詞 [to + V] の意味上の主語

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

2017/06/04 09:57 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

Wed.

to 不定詞 [to + V] の意味上の主語  


to 不定詞 [to + V] の意味上の主語

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

不定詞 [to + V]意味上の主語

よく耳にする文法用語ですが、ちゃんと理解できていますか?

簡単に言えば、 to + V する動作主意味上の主語 と言います。

「文の主語」一致しているとは限らないので、「意味上の主語」 と呼びます。



不定詞 [to + V] の 「意味上の主語」 が明示されていない場合

不定詞 [to + V]「意味上の主語」文脈上明らかな場合は、当然 「意味上の主語」 をわざわざ明示する必要はありません



I want to be a professional baseball player in the future.
僕は将来プロ野球の選手になりたい。

to be動作主は、主語と一致していて I = 私 です。



I want my son to be a professional baseball player in the future.
私は息子に将来プロ野球の選手になってもらいたい。

to be動作主は、目的語と一致していて my son = 私の息子 です。



I promised my son to buy him a new bike.
私は息子に新しい自転車を買ってやると約束した。

文型が、上記と同じ 動詞 + O + to + V ですが、to buy意味上の主語は文脈から明らかのように、my son ではなくて I = 私です。



Do you have anything to do today?
今日何かすることありますか。

to do意味上の主語は、文脈上 you = あなた です。

Please give me something to drink.
私に何か飲むものをください。

同じ形容詞的用法でも、この例文の to drink意味上の主語は、文の主語ではなくて me = 私 ですね。



Ken is studying very hard (in order) to pass the exam.
in order to V : Vするために、Vするように
ケンはその試験に合格するためとても一生懸命勉強している。

文脈上 to pass意味上の主語Ken = ケン です。



Ken was kind to give his seat to the elderly woman.
= It was kind of Ken to give his seat to the elderly woman.
その年配の女性に席を譲るとは[譲るなんて]ケンは親切だった。

副詞的用法-判断の根拠 その1

副詞的用法-判断の根拠 その2

to give意味上の主語は、文脈上 Ken = ケン です。

of Kenof については、上記のリンク先の解説参考にして下さい。



It is impossible to finish the work in a week.
一週間でその仕事を終わらせるのは不可能だ。

to finish意味上の主語は、文脈で決まります
話している本人[話し手]か、話している相手か、その仕事をする第三者の、どれかです。

It is impossible to master Japanese in a week.
一週間で日本語を習得するのは不可能だ。

この場合は、話し手話し相手を含めた世間一般の人意味上の主語です。



不定詞 [to + V] の 「意味上の主語」 が明示されている場合

最後の例の

It is impossible to finish the work in a week.
一週間でその仕事を終わらせるのは不可能だ。

のように、to V意味上の主語あいまいな場合、意味上の主語を明示するには、

to V の直前に、for + 意味上の主語 を置きます。

It is impossible for us to finish the work in a week.
私達が一週間でその仕事を終わらせるのは不可能だ。
It is impossible for you to finish the work in a week.
君が一週間でその仕事を終わらせるのは不可能だ。
It is impossible for Mike to finish the work in a week.
マイクが一週間でその仕事を終わらせるのは不可能だ。

It is ~ for A to V と It is ~ of A to V の違いについては、ここを参考にしてください。



There is nothing to eat.
= There is nothing (that) we / I / you can eat.
食べる物が何もない。
(誰が食べるかは文脈による。)
There is nothing for me to eat.
= There is nothing (that) I can eat.
私が食べる物が何もない。



This book is too difficult to read.
= This book is so difficult (that) we / I / you can't read it.
この本は読むには難しすぎる。
→ この本は難しすぎて読めない。
(誰が読むかは文脈しだい。)
This book is too difficult for my son to read.
= This book is so difficult (that) my son can't read it.
この本は私の息子が読むには難しすぎる。
→ この本は難しすぎて私の息子には読めない。



I opened the door in order to go into the yard.
= I opened the door so (that) I could go into the yard
so (that) S can V : SがVできるように(目的構文)
私は庭に出るためにドアを開けた。
(to go の意味上の主語は文の主語と一致。)
I opened the door in order for Pochi to go into the yard.
= I opened the door so (that) Pochi could go into the yard.
私はポチが庭に出れるようにドアを開けた。



It is about time to go to bed.
= It is about time (that) you / we went to bed.
It is about time (that) S + Ved [仮定法過去形] : もうそろそろVしてもいい頃[時][時間]だ。
もうそろそろ寝てもいい時間だ。
(誰が寝るかは文脈しだい。)
It is about time for her to go to bed.
= It is about time (that) she went to bed.
もうそろそろ彼女は寝てもいい時間だ。



では、例文を覚えてしまいましょう。

1. It is impossible for you to finish the work in a week.
2. There is nothing for me to eat.
3. This book is too difficult for my son to read.
4. I opened the door in order for Pochi to go into the yard.
5. It is about time for her to go to bed.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1. 君が一週間でその仕事を終わらせるのは不可能だ。
2. 私が食べる物が何もない。
3. この本は私の息子が読むには難しすぎる。
4. 私はポチが庭に出れるようにドアを開けた。
5. もうそろそろ彼女は寝てもいい時間だ。

お疲れさまでした。 (^-^)



次回- to 不定詞 [to + V] の 否定

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

2017/06/21 21:09 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

Wed.

to 不定詞 [to + V] の否定  


to 不定詞 [to + V] の否定

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

to 不定詞 [to + V]解説も、そろそろ終わりに近付いて来ました。

今回は to 不定詞 [to + V] の否定です。

これまでの解説のあちこちに、to 不定詞 [to + V] の否定例文を使っているので、「今さら?」と思われるでしょうけど、念のためにここでまとめておきます



次の2つの文の違いがわかりますか

1. a. I did not tell you to go there.
1. b. I told you not to go there.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1. a. 私は君にそこへ行くようには[そこに行けとは]言わなかった
1. b. 私は君にそこに行かないように[そこに行くなと]言った。

1. a. は、tell 以下全てを否定しているのに対し、1. b. to go 以下しか否定していませんね。

次の例文も同様です。

2. a. I never promised to do that.
2. b. I promise never to do that again.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2. a. そうするとは決して約束しなかった
2. b. 決して二度とそんなことをしないと約束します。

2. a. neverpromised 以下 を、2. b. neverto do 以下否定しています。



to 不定詞 [to + V]否定する時は、not / neverto直前に置きます

いろいろな用法の例文をいくつか挙げておきます。

例文のすぐ下に、元の解説ページのリンクの張っておきますから、参考にしてください

3. I am studying very hard in order not to fail the exam for Todai.
3. = I am studying very hard so as not to fail the exam for Todai.
4. Be careful not to break it.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3. 私は東大の試験に落ちないようにとても一生懸命勉強している。
4. それを割らない[壊さない]ように注意しなさい。

副詞的用法-消極的目的

5. He was never to see his homeland again.
5. 彼は二度と再び故郷を見ない運命だった。

be to V -運命

6. She disappeared one day(,) never to come back again.
6. 彼女はある日姿を消して決して二度と帰って来なかった。

副詞的用法-結果

7. I'd prefer not to go out tonight.
8. I've decided not to go.
9. I pretended not to know her.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7. どちらかと言えば)今晩は出かけたくない。
8. 私は行かないことに決めた。
9. 私は彼女を知らないふりをした。

動詞 + to V の文型

10. Teach your children what to do and what not to do.
10. 子供に何をすべきで何をすべきでないか教えなさい。

疑問詞 + to V

11. It would be btter not to do that.
11. そんなことをしない方がいいですよ。

名詞的用法

12. a. You were really wise not to follow his stupid advice.
12. b. You were really wise not to have followed his stupid advice.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12. a. 彼のばかげたアドバイスに従わないとは君は本当に賢明だった。
12. b. 彼のばかげたアドバイスに従わなかったとは君は本当に賢明だった。

12. b. のように to have Vpp[完了不定詞] を使うのは比較的まれで、通常は単なる to V で十分です。

副詞的用法-判断の根拠

13. He can speak French, not to speak of English.
14. It is very warm, not to say hot.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
13. 彼は英語は言うまでもなく、フランス語も話す。
14. 暑いとは言わないまでも、とても暖かい。

独立用法(慣用表現)

15. The teacher warned me not to be late again.
16. Passengers are requested not to smoke.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
15. 先生は私に二度と遅刻しないように注意した。
16. 乗客はタバコを吸わないようにお願いされている。
16. → お客様はタバコを吸わないようにお願いします。

動詞 + O + to V の文型

17. Ken seems not to be very smart.
18. Ken seems never to have been to Kyoto.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
17. ケンはあまり頭がよくないようだ[ように思われる]。
18. ケンは今までに一度も京都に行ったことがないようだ[ように思われる]。

17. は、口語英語では、Ken does not seem (to be) very smart. のほうがよく使われています

18. は、neverhave後ろに置いた Ken seems to have never been to Kyoto. も使われているようです。

seem to V

seem to have Vpp

19. It was thought that Ken liked Kumi, but he turned out not to like her at all.
19. ケンはクミが好きだと思われていたが、結局彼女のことは全く好きでないことがわかった。

turn out to V

20. Ken is said not to have been a genius as a child.
20. ケンは子供の頃は天才ではなかったと言われている。

be said to V

お疲れさまでした。 (^-^)



次回- 代不定詞

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

2017/06/28 13:00 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top