to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その2

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

前回から、全用法to 不定詞 [to + V] の表す総点検しています。

少し時間がかかりそうですが、復習のつもりで気長にお付き合いください。 (^-^)



[副詞的用法]

[目的]

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-目的

4. a. I am studying very hard to pass the exam for Todai.
4. a. 私は東大の試験に合格するために一生懸命勉強しています。
4. b. I got up early to catch the first train.
4. b. 私は始発電車に間に合うように早く起きた。
4. c. Ken came to see me this morning.
4. c. 今朝、ケンが私に会いに来た。

[目的] を表す to V「時」 は、明らかに 未来 ですね。



[感情の原因]

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-感情の原因

5. a. I am glad to meet you.
5. a. (私は)あなたにお会いできてうれしいです。
5. b. She looked sad to hear the story.
5. b. 彼女はその話を聞いて悲しそうに見えた。

Vすることに到達してそれが原因で喜んだり悲しんだりするのですから、「Vする行為は直前に終わっている」「同時」 かどちらかですから、ほぼ 「同時 と言えます。

さらに詳しい説明は、次のページの 「補講 2」 を参考にしてください。

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-感情の原因-補講 2



[形容詞限定]

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-形容詞限定 その1

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-形容詞限定 その2

6. a. This book is easy to read.
6. a. この本は読むのが簡単だ[読み易い]。
6. b. This river is dangerous to swim in.
6. b. この川は泳ぐと危険です。
6. c. This flower is beautiful to look at.
6. c. この花は見るには[見て]美しい。

この用法to V「時」微妙ですねえ・・・ (・_・;)

例えば b. は、「泳いだ時点で危険だ」 と解釈すれば 同時 ですが、「もし泳いだら危険だ」 と解釈した場合は to swim 自体未来 とも考えれますし・・・

結局、[形容詞限定]to V は、形容詞の意味の範囲を限定 するだけで、「時の観念」意識する必要はないのかもしれません。



[判断の根拠]

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-判断の根拠 その1

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-判断の根拠 その2

7. a. Ken was kind to give his seat to the elderly woman.
7. a. = It was kind of Ken to give his seat to the elderly woman.
7. a. その年配の女性に席を譲るとは[譲るなんて]ケンは親切だった。
7. b. You were careless to leave your umbrella on the train.
7. b. = It was careless of you to leave your umbrella on the train.
7. b. 電車に傘を置き忘れるとは[なんて]君も不注意だったね。

「Vすることに到達るとは[するなんて」「親切だった」「不注意だった」判断しているのですから、Vする行為はすでに終わっている「ほぼ同時 かのどちらかです。

文脈で十分判断できるので、「すでに終わっている行為」 でも、単なる to V で十分ですが、次のように 「完了不定詞 = to have Vpp を使って、すでに終わっている行為を明示する場合もたまにあります。

c. I was foolish to have bought such a car.
c. = It is foolish of me to have bought such a car.
c. そんな車を買ったなんて私は馬鹿だった。
c. I was foolish to buy such a car.
c. = It is foolish of me to buy such a car.
c. そんな車を買うなんて私は馬鹿だった。



[結果]

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-結果

8. a. He grew up to be a great scientist.
8. a. 彼は成長して立派な科学者になった。
8. b. I woke up one morning to find myself famous.
8. b. 私はある朝目を覚ますと(その結果)自分が有名になっているのがわかった。
8. b. → 私はある朝目を覚ますと有名になっていた。
8. c. I ran to the station(,) only to miss the last train.
8. c. 私は駅まで走って行ったが(その結果)最終電車に乗り遅れただけだった。

例えば、 8. a. は、「立派な科学者になること[という結果]に向かって成長した」 又は 「成長して(その結果)立派な科学者になることに到達した」 と解釈できます。

どちらに解釈しても to V「時」 は、述語動詞の 「時」 より = 未来 です。



[条件]

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-条件

9. a. To hear him sing, you would take him for a girl.
9. a. 彼が歌うのを聞いたら、君は彼を女の子だと思うだろう。
9. b. My grandfather in America would be glad to hear the news.
9. b. アメリカにいる私の祖父がその知らせを聞いたら喜ぶだろうな。

文全体としては、仮定の文なので 「未来」 のように感じられます。

しかし、「彼が歌を歌うのを聞いて」「彼を女の子と思う」「その知らせを聞いて」「喜ぶ」 のですから、「直前」「ほぼ同時 と解釈してもいいかと思われます。




次回-to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その3


to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

2017/03/07 19:01 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その3

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

前々回から、全用法to 不定詞 [to + V] の表す点検しています。

少し時間がかかりそうですが、復習のつもりで気長にお付き合いください。 (^-^)

体調を崩して、この1週間、暇さえあれば寝ていました。
仕事は簡単には休めないのでつらいです。( ノД`)
そういう訳で、ブログの更新を怠っていました。m(__)m m(__)m




[be 形容詞 to V の文型(慣用表現)]

to 不定詞 [to V] の用法-be 形容詞 to V の文型(慣用表現) その1

to 不定詞 [to V] の用法-be 形容詞 to V の文型(慣用表現) その2

上記のリンクで紹介した be 形容詞 to V文型「時」 を、復習も兼ねて総点検してみましょう。



be able to V [イブル]
Vすることができる
I was able to pass the exam.
私はその試験に合格することができた。

be unable to V [イブル]
Vすることができない
I was unable to pass the exam.
私はその試験に合格することができなかった。

be「時」同時 を表していると考えられます。



be likely to V [イクリー]
Vする可能性が高い
Ken is likely to win.
= It is likely that Ken will win.
ケンは勝つ可能性が高い。
→ ケンは勝ちそうだ。
→ おそらくケンは勝つだろう。

be unlikely to V [アンイクリー]
Vする可能性が低い
Ken is unlikely to win.
= It is unlikely that Ken will win.
ケンは勝つ可能性が低い。
→ ケンは勝ちそうにない。
→ おそらくケンは勝たないだろう。

通例be「時」 より 未来 を表します。

しかし、必ず 「未来志向」 という訳ではなく時々 同時」 「完了」 「過去 を表していることもあるので注意が必要です。

詳しくは、次のページ参考にしてください。

It is likely that S + V と S is likely to V



be sure to V [シュ]
きっと[必ず]Vする
be certain to V [ートゥン]
きっと[必ず]Vする
be bound to V [ウンド]
きっと[必ず]Vする

Ken is sure[certain][bound] to win.
ケンはきっと[必ず]勝つ。

これらは基本的未来志向」 です。

しかし likely / unlikely同じように、これらも時々 同時」 「完了」 「過去 を表していることがありますから、上級者は注意しましょう

Ken is sure[certain][bound] to come here every day.
ケンはきっと毎日ここに来ているに違いない。(現在の習慣)
Ken is sure[certain][bound] to have already come.
ケンはきっともう来ているに違いない。(完了)
Ken is sure[certain][bound] to have come here yesterday.
ケンはきっと昨日ここに来たに違いない。(過去)

「完了」 「過去」「時」 は、to have Vpp[過去分詞] で表します。

次のページも参考にしてください。

It is certain that S + V と S is certain to V



be willing to V [ウィリング]
Vするのは厭[いと]わないVしても構[かま]わない (← Vする意思がある)
If you accompany me, I'm willing to go.
accompany 人 [ンパニ] : 人に同伴[同行]する、人と一緒に行く
もしあなたが同行してくれるのであれば、行っても構わないですよ。

be unwilling to V [アンウィリング]
Vするのをいやに思う、Vするのは気が進まない (← Vする意思がない)
I was unwilling to go, but I had to (go).
私は行くのは気が進まなかったがそうせざるを得なかった。

be reluctant to V [クタント]
Vするのをいやに思うVするのは気が進まない
I was reluctant to go, but I had to (go).
私は行くのは気が進まなかったがそうせざるを得なかった。

これらは明らかに 未来志向」 です。



be eager to V [ーガー:]
Vすることを熱望しているしきりにVしたがっている
He was eager to see her.
彼はしきりに彼女に会いたがっていた。

be anxious to V [ンクシャス]
Vすることを切望しているしきりにVしたがっている
He was anxious to see her.
彼はしきりに彼女に会いたがっていた。

これらも明らかに 未来志向」 です。



be ready to V
(= be prepared to V [プリアド])
Vする準備[用意]ができている
いつでもVできる[する]
喜んでVする
まさにVしようとしている
すぐVする
Vする覚悟ができている

例文は、下記のリンクを参考にkしてください。

be ready to V

これも 未来志向」 ですね。



be apt to V [プト]
VしがちであるVしやすいVする傾向性がある
He is apt to forget people's names.
彼は人の名前を忘れがちだ。

be liable to V [イアブル]
VしがちであるVしやすいVする傾向性がある
He is liable to get angry.
彼は怒りやすい[→ 怒りっぽい]。
(通例、望ましくないことに用いる)

これらは、主語の傾向性を表しています

「Vする傾向性があるから、Vするかもしれない」 と考えれば、未来 だと解釈できますし、「Vする傾向性を持っている」 と考えれば、同時 とも解釈できます。



will [would] be glad to V
will [would] be happy to V
will [would] be pleased to V [ーズド]
will [would] be delighted to V [ディイティド]
喜んでVする
I'll [I'd] be glad[happy][pleased][delighted] to help you with your homework.
喜んで君の宿題を手伝ってあげましょう。

文全体「時」「未来」 ですけど、「Vすると、それが原因で気分がうれしくなりそうだから、Vする」 と解釈できますから、「ほぼ同時 です。



be free to V
自由にVできる自由にVしてよい
You are free to use my bike.
あなたは自由に私の自転車を使ってもよい。
→ どうぞご自由に私の自転車をお使いください。

これは明らかに 未来 です。



be afraid to V [アフイド]
(未来に)Vするのが怖い
怖くてVできない[したくない]
I am afraid to speak to him.
私は彼に話しかけるのが怖い
→ 私は怖くて彼に話しかけることができない。

be ashamed to V [シェイムド]
(未来に)Vするのが恥ずかしい
恥ずかしくてVできない[したくない]
I am ashamed to speak to him.
私は彼に話しかけるのが恥ずかしい。
→ 私は恥ずかしくて彼に話しかけることができない。

これらも明らかに 未来 です。



be quick to V
Vするのが早い
すぐVする
He is quick to understand.
彼は理解するのが早い。
He was quick to answer my questions.
彼はすぐに私の質問に答えてくれた。

be slow to V
Vするのが遅い
なかなかVしない
He is slow to understand.
彼は理解するのが遅い。
He was slow to answer my questions.
彼はなかなか私の質問に答えてくれなかった。

これは 同時 ですね。




be fortunate to V
be lucky to V
Vするとは[Vして]運がよい[幸運だ]
運よく[幸運にも]Vする
I was fortunate[lucky] to pass the exam.
その試験に受かるとは[受かって]私は運が良かった[幸運だった]。
私は運よく[幸運にも]その試験に合格した。

be unfortunate to V
be unlucky to V
Vするとは運が悪い[不運だ]
運悪く[不運にも]Vする
I was unfortunate[unlucky] to fail the exam.
その試験に落ちるとは私は運が悪かった[不運だった]。
私は運悪く[不運にも]その試験に落ちた

これは 同時 です。



次回- to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その4


to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

2017/03/15 11:21 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その4

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

やっと高校入試と大学入試が全部終わりました。

やれやれです。 (^-^;

少し時間の余裕ができて、ブログの書き込みが進みそうです。



前々々回から、全用法to 不定詞 [to + V] の表す点検しています。

少し時間がかかりそうですが、復習のつもりで気長にお付き合いください。 (^-^)



[too ~ to V]

中学英語・ちょっと復習-too ~ to V の構文

to 不定詞 [to V] の用法-too ~ to V

She is too young to get married.
彼女は結婚するには(あまりにも)若すぎる。
→ 彼女はとても若いので結婚することはできない。
This book is too difficult for my son to understand.
この本は私の息子が理解するには(あまりにも)難しすぎる。
→ この本はとても難しいので私の息子には理解できない。

うーん ((+_+)) 微妙ですねー。

「もし未来にVするとしても、それをするにはあまりに~すぎる」 と取れば、一応 未来 に解釈できます。

This book is so difficult that my son can't read it.
この本はとても難しいので私の息子には理解できない。

と書き換えれば、同時 とも解釈できます。



[~ enough to V]

to 不定詞 [to V] の用法-~ enough to V その1

to 不定詞 [to V] の用法-~ enough to V その2

She is old enough to get married.
彼女は結婚するのに十分年齢がいっている。
→ 彼女は結婚できる年齢だ。
This book is easy enough for my son to understand.
この本は私の息子が理解できるほど[くらい]簡単だ。
→ この本はとても簡単なので私の息子は理解できる。

この場合も微妙ですね。

「もし未来にVするとしたら、それをするのに十分~だ」 と解釈すると、一応 未来 です。

This book is so easy that my son can read it.
この本は私の息子が理解できるほど[くらい]簡単だ。

と書き換えれば、同時 とも解釈できます。



[so ~ as to V / such ~ as toV ]

to 不定詞 [to V] の用法-so ~ as to V / such ~ as toV

I am so young as to climb Mt Fuji.
私は富士山に登れるほど若い。
→ 私はとても若いので富士山に登ることができる。

He is not such a foolish person as to believe that story.
彼はその話を信じるほど馬鹿な人ではない。

やはり、これも to V が表す 「時」 は微妙です。

未来 とも解釈できますし 同時 とも解釈できます。

結局のところ、

too ~ to V
~ enough to V
so ~ as to V / such ~ as to V

to V は、程度 を表していて、「時」 を意識してもあまり意味がないように思われます。



次回- to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その5


to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

2017/03/20 13:03 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その5

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

前々々々回から、全用法to 不定詞 [to + V] の表す点検しています。

少し時間がかかりそうですが、復習のつもりで気長にお付き合いください。 (^-^)




[独立用法(慣用表現)]

to 不定詞 [to V] の用法-副詞的用法-独立用法(慣用表現)

[前置型]

例文上記のリンク参考にしてください。

ここでは、前置きの部分だけを列挙します。

To be honest (with you), ・・・.
正直に言えば、・・・。
To be frank (with you), ・・・.
率直に言えば、・・・。
To be brief[short], ・・・.
手短に言えば[要するに]、・・・。
To make[cut] a long story short, ・・・.
かいつまんで言えば[早い話が]、・・・。
To tell (you) the truth, ・・・.
本当のことを言えば、・・・。
To be (more) exact[precise], ・・・.
(もっと)正確に言えば、・・・。
To do 人 justice, ・・・.
人を公平に評すれば、・・・。
To begin[start] with, ・・・.
まず第一に、・・・。
To put it clearly, ・・・.
はっきり言えば、・・・。
To conclude, ・・・.
最後に、・・・。
To return to the subject, ・・・.
本題に戻るが、・・・。
To change the subject, ・・・.
話は変わるが、・・・。
Strange to say, ・・・.
奇妙なことに、・・・。
Needless to say, ・・・.
言うまでもなく、・・・。

次の例文も一種の [前置型] です。

It was very cold, and to make matters worse, it began to snow.
とても寒かった、そしてさらに悪いことには雪が降り始めた。

You were rude to her, to say the least (of it).
= To say the least (of it), you were rude to her.
控えめに言っても、君は彼女に対して無作法だった。

たくさん紹介しましたね。 (^-^;

でも、これぐらいは全部覚えておかなければ実戦では役に立ちません。

がんばって覚えましょう。

さて、文の前置きになっているのですから、これらの to V「時」同時 を表していると考えられます。



[後置型]

He can speak French, to say nothing of English.
= He can speak French, not to speak of English.
= He can speak French, not to mention English.
彼は英語は言うまでもなく、フランス語も話す。

It is very warm, not ot say hot.
暑いとは言え[わ]ないまでも、とても暖かい。

これらも 同時 ですね。



[挿入型]

He is, so to speak, a book worm.
彼はいわば本の虫だ。

She's not clever, to be sure, but she's very pretty.
確かに彼女は賢くないが、とてもかわいい。
(挿入というよりは後置かもしれません?)

これらも 同時 ですね。



独立用法(慣用表現)の場合は、どうも 「未来志向」 ではなく 同時 のようです。



次回- to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その6


to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

2017/03/22 15:43 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その6

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

前々々々々回から、全用法to 不定詞 [to + V] の表す点検しています。

少し時間がかかりそうですが、復習のつもりで気長にお付き合いください。 (^-^)



[名詞的用法]

to 不定詞 [to V] の用法-名詞的用法-導入

中学英語・ちょっと復習-to V (to不定詞) の用法-名詞的用法

中学英語・ちょっと復習-to V [to不定詞]の名詞的用法 と Ving [動名詞]

[主語]

To drive this car is easy. (△ まれ)
= It is easy to drive this car. (〇)
この車を運転することは簡単だ。

この文は動名詞[Ving]を使って

Driving this car is easy. (〇)

書き換えることができます

to drive this car「未来志向 = 未来に運転する行為を想像して」「この車を運転したら簡単だよ。」 というイメージ

driving this car「現実志向 = 実際に運転している行為を想像して」 で、「この車を運転するのは簡単だよ。」 とというイメージ

でとらえることができますが、現実的にはどちらを使っても同じような気がします

結局、 to V の表す 「時」 は、未来」志向 とも解釈できますし、 「一般的にVすること」 という意味で、時間的に中立 とも解釈できます。



[be 動詞の補語]

My dream is to become a doctor. (○)
My dream is becoming a doctor. (△)
私の夢は医者になることです。

One of my hobbies is to play tennis. (△)
One of my hobbies is playing tennis. (○)
私の趣味の一つはテニスをすることです。

Your job is to sell cars. (○)
君の仕事は車を売ることだ。
My job is selling cars. (○)
私の仕事は車を売ることだ。

一応、to VVingどちらも使えますが、

これからする 「未来」「Vすること」 は → to V
現にやっている 「Vすること」 は→ Ving

好まれます

でも、英語を書く時はいざ知らず、英語を話す時は、正確さよりスムーズさを優先して、どちらでもいいからさっと発信してしまうほうが得策です。

All you have to do is (to) go there.
君がしなければならない全てはそこに行くことだ。
→ 君はそこに行きさえすればよい。
All I can do is (to) give you some advice.
私ができる全ては君にアドバイスをすることだ。
→ 私は君にアドバイスをすることしかできない。

このような場合には、to V だけが使われ、動名詞[Ving] は使われません

結局、補語に使われている to V の表す 「時」 は、基本的には 「未来志向」 寄りと言ってもよろしいかと思われます。

もちろん、「一般的にVすること」 と言っている場合は、「時間的に中立 だと考えられますが。



[他動詞の目的語]

中学程度検証してみましょう。

want to V
Vすることを望むVしたいVしたがっている
would like to V
Vすることを望むVしたいと思っている
(want to V丁寧形)
hope to V
Vすることを望むVしたいと望む
need to V
Vすることを必要とするVする必要がある
try to V
Vすることを努力するVしようと(努力)するVするよう(に)努める
promise to V
Vすることを約束するVすると約束する
decide to V
Vすることを決意するVしようと決心する

これらの他動詞は、すべて 「未来」 を志向していますから、当然 to V未来」 を志向しています。。

like to V = like Ving
Vすることが好きだ
love to V = love Ving
Vすることが大好きだ
begin to V = begin Ving
Vすることを始めるVし始める
start to V = start Ving
Vすることを始めるVし始める
continue to V = continue Ving
Vすることを続けるVし続ける

微妙な違いはあってもto VVing両方目的語に取れるのですから、意味から考えても 同時」志向 ですね。

like to V = like Vinglove to V = love Ving は、「一般的にVすることが好き」 と言っている場合は、「時間的に中立 とも考えられます。

learn to V
Vすることを習得するVできるようになる

これは明らかに 同時 です。



今回中学生程度の例検証してみました。

次回は、「他動詞 + to V」「自動詞 + to V」 の両方の垣根を取り払って「動詞 + to V」 の文型として扱い、その to V の表す 「」 を徹底的に総点検します。

to have Vpp [完了不定詞] も詳しく説明する予定です。




次回- to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その7


to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

2017/03/25 10:32 [edit]

category: 高校英語・基礎

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その7

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

前々々々々々回から、全用法to 不定詞 [to + V] の表す点検しています。

少し時間がかかりそうですが、復習のつもりで気長にお付き合いください。 (^-^)



[動詞 + to V の文型]

動詞 + to V = 動詞 + Ving の文型

動詞 + to V の文型

動詞 + to V≠ 動詞 + Ving の文型 その1

動詞 + to V≠ 動詞 + Ving の文型 その2

詳しい用法と例文は、上記のリンクを参考にしてください。

ここでは to V の表す 「時」 別に分類することにします。



まず最初に、明らかに 「未来志向」 の文型を列挙します。

たくさんありますね。復習のつもりでチェックしてください。

want to V [ウォント]
Vすることを願う → Vしたいと思う
hope to V [ウプ]
Vすることを願う → Vしたいと思う
wish to V [ウィシュ]
Vすることを願う → Vしたいと思う
care to V []
Vすることを願う → Vしたいと思う
long to V [ン(グ)]
Vすることを切望[せつぼう]する → Vすることを待ち望む
would like to V [ウド イク]
Vしたいと思う
would love to V [ウド ]
Vしたいと思う
would prefer to V [ウド プリファ]
(~するよりむしろ) Vしたいと思う
would care to V [ウド ]
Vしたいと思う (care to V よりていねい)
would hate to V [ウド イ(ト)]
Vしたくない
decide to V [ディイド]
Vしようと決心する、Vすることに決める
determine to V [ディーミン]
Vしようと決心する、Vすることに決める
choose to V [チューズ]
Vすることを選ぶ → Vすることに決める
promise to V [ミス]
Vすることを約束する、Vすると約束する
offer to V [ファー]
Vしようと申し出る
agree to V [アグ]
Vすることに同意する
refuse to V [フューズ]
Vすることを断る
aim to V [イム]
Vすることを目指す
demand to V [ ディンド]
Vすることを要求する
plan to V []
Vする予定[計画]だ → Vするつもりだ
intend to V = intend Ving (まれ) [インン(ド)]
Vすることを意図する → Vするつもりだ
expect to V [イクスクト]
Vすることを予期している → Vするつもりだ
mean to V [ーン]
Vすることを意図する → Vするつもりだ
try to V []
Vしようと(努力)する、Vするよう(に)努める
attempt to V = attempt Ving (まれ) [ムプ(ト)]
Vしようと企てる
seek to V [スィーク]
Vすることを求める → Vしようと努力する
endeavo(u)r to V [インヴァー]
Vしようと(真剣に)努力する
strive to V [ストイヴ]
Vしようと奮闘[努力]する
struggle to V [ストグル]
Vしようと奮闘[努力]する
need to V [ー(ド)]
Vする必要がある
remember to V [ムバー]
(未来に)Vすることを覚えておく → 忘れずVする
(can) afford to V [フォード]
Vする余裕がある

上記に列挙した 動詞 + to V 型の文型は、明らか未来志向」 とわかります。



hesitate to V [ジテイト]
Vすることを躊躇[ちゅうちょ]する、遠慮する
forget to V [フォッ(ト)]
Vすることを忘れる → Vし忘れる
fail to V [フェイル]
Vしない、Vできない、Vすることを怠[おこた]る
omit to V = omit Ving (まれ) [ッ(ト)]
(故意に) Vするのを怠る、(うっかり)Vし忘れる
neglect to V = neglect Ving (まれ) [ニグク(ト)]
(怠慢・不注意から) Vするのを怠る、Vし忘れる

この5例微妙です。

Please don't hesitate to call me.
私に電話するのを遠慮しないでください。
→ どうぞ遠慮なく私に電話してきてください。
Don't forget to lock the door.
ドアに鍵をかけるのを忘れてはいけません。
→ 忘れずドアに鍵をかけなさい。
Don't fail to come to the party.
パーティーに来るのを怠ってはいけません。
→ 必ずパーティーに来なさい。

のような否定文ならば、to V の行為が未来に行われることを暗示させるので、未来志向」 と言ってもよいでしょうが、

I hesitated to call her..
私は彼女に電話するのをちゅうちょした[ためらった]。
I forgot to lock the door.
私はドアに鍵をかけるのを忘れた[かけ忘れた]。
He failed to come to the party.
彼はパーティーに来るのを怠った。
→ 彼はパーティーに来なかった。

のような肯定文は、実際に to V の行為をしていないので、「時」 を決定し難いです。
「未来にVする予定だったがしなかった」 と解釈すれば、広い意味未来志向」 になるのでしょうかね?



like to V = like Ving [イク]
Vすることが好きだ
love to V = love Ving []
Vすることが大好きだ
hate to V = hate Ving [イ(ト)]
Vすることが嫌い[いや]だ
prefer to V = prefer Ving [プリファ]
Vするほうが好きだ

好き嫌いを表す動詞 + to V は、たいてい Ving と入れ換え可能です。

たいていの文法書によると、

Ving は、一般的・習慣的な好き嫌いについて使う
to V は、特定の場合の好き嫌い(つまり欲求に近い)について使う

例えば、

I like watching movies.
私は映画を見るのが好きだ。(= 私の趣味は映画観賞だ)
I like to watch movies.
私は映画を見るのが好きだ(= だから映画を見たい)

ということになり、to watch「未来志向」 である、というのが通説です。

現実にはそこまで厳密に使い分けられているわけではなくて、to V / Ving どちらを使っても、「一般的・習慣的な好き嫌い」のほうに解釈するのが普通です。

特定の場合の好み = 欲求 を言いたければ、はっきりと

I want to watch a movieI'd like to watch a movie を使うほうがいいと思います。

というわけで、上記の文型to V が表す 「時」 は、通例、「一般的・習慣的にVすること」 = 「時間的に中立 ということになります。



start to V = start Ving [ー(ト)]
begin to V = begin Ving []
Vし始める
continue to V = continue Ving [コンティニュー]
Vし続ける
cease to V = cease Ving [スィース]
(次第に)Vしなくなる

これらの文型の to V は、明らかに 「未来志向」 ではありませんね。

一応、同時 を表していると解釈するのが妥当でしょう。



pretend to V [プリンド]
Vするふりをする
tend to V [ンド]
Vする傾向(性)がある
manage to V [ニジ]
なんとか[どうにかして]Vする[できる]
come to V (状態動詞) []
= get to V (状態動詞) []
= grow to V (状態動詞) []
Vするようになる
learn to V (状態動詞・動作動詞) [ーン]
Vすることを習得する
→ Vする[できる]ようになる
get to V (動作動詞)
Vする機会・許可を得る
→ V(することが)できる

これらの文型の to V 「未来志向」 ではなく 同時 を表していると考えられます。



prove to V (状態動詞) [ーヴ]
= turn out to V (状態動詞) [ターウト]
Vであることがわかる、結局Vである
happen to V (動作動詞 + 状態動詞) [プン]
たまたま[偶然]Vする
seem to V (状態動詞) [スィーム]
Vであるように思われる[であるようだ]
appear to V (状態動詞) []
Vであるように見える、思われる

これらの文型の to V も、原形の場合は 同時 を表しています。

to Vto have Vpp[過去分詞] になると、完了過去 を表すので、それは次回に説明します



次回- to 不定詞 [to + V] の表す時 (中・上級者向け) -その8-to have Vpp [完了不定詞]


to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次

2017/03/29 16:29 [edit]

category: 動詞の文型

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top