to V (to 不定詞) の形容詞的[名詞限定]用法(中学英語・ちょっと復習の続編)

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次 (中上級者向け)



このページは「中学英語・ちょっと復習-to V [to不定詞] の形容詞的用法-名詞限定用法」続編です。
基本用法は上記のページで詳細に解説しています。
まず先に復習し来てください

中学英語・ちょっと復習-to V [to不定詞] の形容詞的用法-名詞限定用法を復習して来る

今回は、「中学英語・ちょっと復習」では説明不足だった次の3点を詳説します。

● 修飾する名詞が to V に含まれる前置詞の意味上の目的語の場合
● to V が、修飾する名詞の内容を説明している場合 (同格)
● 「名詞限定用法」に見えて実は「形容詞限定用法」の場合




● 修飾する名詞が、to V (to 不定詞)内の前置詞の目的語の場合

この学習項目は「中学英語・ちょっと復習」ですでに軽く解説しました。

まず、中学英語・ちょっと復習の該当ページをもう一度復習して来てください。

上のページでこの用法の概略は理解できると思います。
今回は高校・一般向けに別のアプローチで詳説します。



まず、準備運動をします。

[問題] 次の文の(   )内に適当な前置詞を入れてください。

01. a) Please write (   ) a pen. ペンでかいてください。
01. b) Please write (   ) this paper. この紙に書いてください。
01. c) I wrote (   ) my school trip. 修学旅行について書いた。
02. a) He lives (   ) a big house. 大きな家に住んでいる。
02. b) He lives (   ) his children. 子供のために生きている。
03. a) I talked (   ) him. 彼と話をした。
03. b) We talked (   ) music. 音楽について話した。
04. Don’t worry (   ) that. そんなこと心配しなくていいよ。
05. My son is excited (   ) his school trip. 私の息子は修学旅行のことで興奮している。
06. I depend (   ) a lot of people. 私は多くの人に頼っている。
07. I carried the apples (   ) a plastic bag. ビニール袋に入れてリンゴを運んだ。
08. What do you want to buy (   ) this money? このお金で何を買いたいですか。
09. What do you do (   ) your free time. 自由な時間に何をしますか。
10. I parked my car (   ) the park. 公園に車を駐車した。
11. We solved the problem (   ) this way. この方法でその問題を解決した。

[解答]

01. a) Please write (with) a pen.
01. b) Please write (on) this paper.
01. c) I wrote (about) my school trip.
02. a) He lives (in) a big house.
02. b) He lives (for) his children.
03. a) I talked (with/to) him.
03. b) We talked (about) music.
04. Don’t worry (about) that.
05. My son is excited (about) his school trip.
06. I depend (on/upon) a lot of people.
07. I carried the apples (in) a plastic bag.
08. What do you want to buy (with) this money?
09. What do you do (in) your free time.
10. I parked my car (in) the park.
11. We solved the problem (in) this way.

どうでしたか?
すべて正解しましたか? (^.^)



では本番の例文です。

前置詞と前置詞の目的語(=前置詞の後の名詞)が分離していますね。

前置詞が後に取り残されている点に注意してください。


01. Do you have anything to write with?
01. 何か書く物[ペンなどの筆記用具]を持っていますか。
02. Please give me something to write on.
02. 私に何か書く物[紙・ノートなど]をください。
03. I have nothing to write about.
03. 私は書くこと[書く話題]が何もなかった。
04. I don’t have a house to live in.
04. 私は住む家がありません。
05. I have nothing to live for.
05. 私には生きる目標[生きがい]が何もない。
06. I have only a few friends to talk with.
06. 私は話す友達[話し相手をしてくれる友達]がほんの少ししかいない。
07. There are a lot of things to talk about today.
07. 今日は話すこと[話題]がたくさんある。
08. There is nothing to worry about.
08. 心配することは何もない。
09. That’s nothing to be excited about.
09. それは何も興奮するようなことではない。
10. I have a lot of friends to depend on. 
10. depend on ~ : ~に頼る
10. 私は頼れる[頼りになる]友達がたくさんいる。
11. She had no bag to carry the apples in.
11. 彼女はリンゴを入れて運ぶ袋が何もなかった。



timemoneyplaceway前置詞 (with, in など)は通例省略されます。

12. Do you have any money to buy a computer?
12. あなたはコンピューターを買うお金がありますか。
13. I have no time to watch TV.
13. 私はテレビを見る時間が全然ありません。
14. There was no place to park my car.
14. 私の車を駐車する場所がなかった。
15. This is the only way to solve the problem.
15. これはその問題を解決する唯一の方法です。

この場合の to V は、「目的=Vする(ための)名詞」と解釈することもできます。
しかし和訳は単に「Vする金・時(間)・(場)所・方法」で十分。「ための」は不要です。

こちらのページも参考にしてください。



文語ですが、次のような表現もあります

6. I have only a few friends to talk with.
6. = I have only a few friends with whom to talk.
6. 私は話す友達[話し相手をしてくれる友達]がほんの少ししかいない。

7. There are a lot of things to talk about today.
7. = There are a lot of things about which to talk.
7. 今日は話すこと[話題]がたくさんある。

なぜ関係代名詞whomwhich が出て来るかというと、以前にも解説したとおり、「to V (to 不定詞) の形容詞的[名詞限定]用法」には「be to V の用法」隠れているからです。

隠れた be to V 参考ページ

be to V関係代名詞をつかった完全な英文にすると、

6. I have only a few friends (whom) I am to talk with.
6. 私には(一緒に)話すことができる友達が少ししかいない。(可能)
7. There are a lot of things (which) we are to talk about today.
7. 私達が今日話すべきことがたくさんある。(義務)

それぞれ、後ろの前置詞関係代名詞の前に移動させて、

6. I have only a few friends with whom I am to talk.
7. There are a lot of things about which we are to talk today.

主語be動詞省略して、

6. I have only a few friends with whom to talk.
7. There are a lot of things about which to talk today.

前置詞関係代名詞の前に移動させたので、関係詞は省略されずに残ることになるわけです。

ただし、この表現は文語に限られます



● to V が、修飾する名詞の内容を説明している場合 (同格)

この用法も、中学英語・ちょっと復習ですでに学習しました。

中学英語・ちょっと復習-to V [to不定詞] の形容詞的用法-名詞限定用法を復習して来る

今回は、修飾する名詞「動詞や形容詞の名詞形」の場合を取り扱います。

動詞や形容詞の名詞形 + to V の場合



まず、準備運動

16. He refused to come, and I didn’t expect it.
16. refuse to V : Vすることを拒む[断る]
16. expect O : Oを予期する
16. 彼は来るのを断った[拒んだ]、そして私はそれを予期していなかった。

17. She decided to marry him, and it surprised me. 
17. decide to V : Vすることを[しようと]決心する
16. surprise 人 : 人を驚かせる。
17. 彼女は彼と結婚することを決心した、そしてそれは私を驚かせた。

18. You are willing to help others, and it is important.
18. be willing to V : 進んで[喜んで]...する
18. あなたは進んで[喜んで]他人を助ける、そしてそれは大切なことだ。

19. Jane was eager to go, and Jane expressed it.
19. be eager to V : Vすることを熱望している
16. express O : Oを述べ る[表明する]
19. ジェーンは行くことを熱望していた、そしてジェーンはそのことを表明した。



次に、左側の文を名詞に圧縮し、右側の文の it に代入してみましょう。

16. を例に取ってみます。。

16. He refused to come and I didn’t expect it.
16. 彼は来ることを断った[拒んだ]そして 私はそれを予期していなかった。

動詞 refuse (リフューズ) の名詞形 refusal (リフューザル)を使って、左側の文を名詞に圧縮します。

his refusal to come
彼が来るのを断った[拒んだ]こと

元の動詞が to V 従えているので、名詞になっても同じ to V を従えていることに注意しましょう。

それを右側の it に代入。

16. I didn’t expect his refusal to come.
16. 私は彼が来るのを断る[拒む]ことを予期していなかった。



1718 の動詞・形容詞の名詞形

decidedecision (ディスィジョン)
willingwillingness (ウィリングニス)
eagereagerness (ーガーニス)

では、it に代入してみましょう。

17. Her decision to marry him surprised me.
17. 彼女が彼と結婚することを決意したこと[彼女の彼と結婚しようという決意]は私を驚かせた。
18. Your willingness to help others is important.
18. あなたが進んで[喜んで]他人を助けようとすること[気持ち]は大切だ。
19. Jane expressed her eagerness to go.
19. ジェーンは行くことを熱望していること[行きたいという熱意]を表明した。

19. のように、願望を表す形容詞や動詞の名詞形 + to V の場合は、 したいという名詞と訳すとうまくいきます。

[例] my wish to study abroad (留学したいという私の願い)



辞書で refusal decision willingness eagerness を引いてみましょう。
後ろに to V を従える場合の意味がしっかり書かれています。

例えば webliowillingness を引くと

快く[進んで]〈…する〉こと 〈to do〉.
[用例] I expressed my willingness to support the cause.
[用例] 私はその運動を進んで支持したいという意向を表明した.

と書かれています。

辞書は大いに活用しましょう



● 「名詞限定用法」に見えて実は「形容詞限定用法」の場合

次の英語はどう意味でしょう?

20. This is an easy book to understand.

「これは理解するのが簡単な[→ 理解し易い]本です」という意味ですね。

一見、to understandbook を修飾しているように見えますが、実は違います

This book is easy to read.
これは理解するのが簡単な[→ 理解し易い]本です。

「この本は簡単だ → (どういう意味で簡単かと言えば)理解するのが簡単だ」

この文の to read形容詞の easy の意味の範囲を限定していますね。

This is an easy book to read.
= This is a book that is easy to read.
これは理解するのが簡単な[→ 理解し易い]本です。

ですから、to read形容詞 easy を限定する働きをしているのです。

中学英語・ちょっと復習-to V [to 不定詞]の副詞的用法-形容詞限定 を見に行く

類例です。

21. It was a difficult question to answer.
21. それは答えるのが難しい質問だった。
22. I want a comfortable chair to sit on.
23. 私は座るのに快適な[→ 座り心地のいい]椅子が欲しい。

ただし、名詞限定用法にも形容詞限定用法にもどちらにも解釈できる場合もあります

23. This is a good way to learn English.
22. これは英語を学ぶ(のに)よい方法です。



では、例文を暗記しましょう。

01. 何か書く物[ペンなどの筆記用具]を持っていますか。
02. 私に何か書く物[紙・ノートなど]をください。
03. 私は書くこと[書く話題]が何もなかった。
04. 私は住む家がありません。
05. 私には生きる目標[い生きがい]が何もない。
06. 私は話す友達[話し相手をしてくれる友達]がほんの少ししかいない。
07. 今日は話すこと[話題]がたくさんある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

01. Do you have anything to write with?
02. Please give me something to write on.
03. I have nothing to write about.
04. I don’t have a house to live in.
05. I have nothing to live for.
06. I have only a few friends to talk with.
07. There are a lot of things to talk about today.


08. 心配することは何もない。
09. それは何も興奮するようなことではない。
10. 私は頼れる[頼りになる]友達がたくさんいる。
11. 彼女はリンゴを入れて運ぶ袋が何もなかった。
12. あなたはコンピューターを買うお金がありますか。
13. 私はテレビを見る時間が全然ありません。
14. 私の車を駐車する場所がなかった。
15. これはその問題を解決する唯一の方法です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


08. There is nothing to worry about.
09. That’s nothing to be excited about.
10. I have a lot of friends to depend on.
11. She had no bag to carry the apples in.
12. Do you have any money to buy a computer?
13. I have no time to watch TV.
14. There was no place to park my car.
15. This is the only way to solve the problem.


16. 私は彼が来るのを断る[拒む]ことを予期していなかった。
17. 彼女が彼と結婚することを決意したこと[彼女の彼と結婚しようという決意]は私を驚かせた。
18. あなたが進んで[喜んで]他人を助けようとすること[気持ち]は大切だ。
19. ジェーンは行くことを熱望していること[行きたいという熱意]を表明した。
20. これは理解するのが簡単な[→ 理解し易い]本です。
21. それは答えるのが難しい質問だった。
23. 私は座るのに快適な[→ 座り心地のいい]椅子が欲しい。
22. これは英語を学ぶ(のに)いい方法です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16. I didn’t expect his refusal to come.
17. Her decision to marry him surprised me.
18. Your willingness to help others is important.
19. Jane expressed her eagerness to go.
20. This is an easy book to understand.
21. It was a difficult question to answer.
22. I want a comfortable chair to sit on.
23. This is a good way to learn English.


お疲れ様 m(__)m

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次 (中上級者向け)


2014/11/10 18:26 [edit]

category: 高校英語・応用

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0
高校英語・応用-How about (if) S+V (続・中学英語)


まず How aboutWhat about基本用法を復習して来てください。


How aboutabout前置詞ですから、文法的には当然その後には「名詞」か「動名詞」しか来ないはずです。
ところが、口語英語では How about if S+V?How about S+V? も使われています。

How about (if) S+V?(もし)SがVしたらどうでしょう

実用になるよう、もう少し具体的にまとめると、

How about (if) you+V? : (相手に提案・を勧誘して) Vしたらどうですか、Vしませんか
Why don't you V?Won't [Will] you V? (Won't [Will] you V?提案には使えません勧誘・依頼に使います。)

How about (if) we+V? : (自分も含めて皆に提案・を勧誘して) Vしたらどうでしょう、Vしませんか
Why don't we V?Shall we V?

How about (if) I+V? : (こちらから提案・申し出て) 私がVするのはどうでしょう、(私が)Vしましょうか
Why don't I V?Shall I V?Do you want me to V?Would you like me to V?

Why don't you V?Why don't we V? についてはこちらのページを参考にしてください。

Do you want me to V?Would you like me to V? についてはこちらのページの6番の例文を参考にしてください。

例文で覚えましょう。

1. How about (if) you go to the doctor?
2. How about (if) you come with us?
3. How about (if) we eat out tonight?
4. How about (if) we play video games together?
5. How about (if) I help you with your homework?
6. How about (if) I call you back?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1. 医者に行ったらどうですか。 (相手に提案)
2. 私達と一緒に来ませんか。 (相手を勧誘)
3. 今晩外で食事をしませんか。 (自分も含めて皆を勧誘)
4. 皆で一緒にテレビゲームをしませんか。 (自分も含めて皆に提案)
5. 宿題を手伝ってあげましょうか。 (こちらから援助を申し出)
6. こちらから電話をかけ直しましょうか。 (こちらから提案)

学校の英作でこれを使ったら、教科書と受験英語しか知らない頭ガチガチの先生にバツ(×)を付けられる可能性が高いですから、高校生は中学英語で学んだ How about Ving? の方を使ったほうが無難かもしれませんね

でも、NHKのビジネス英語の講座でこの表現を紹介していましたし、ネットの辞書「英辞朗」でもたくさんの例文が載っていますから、まちがいなくこの表現は普通に使われています
ただし、if を使わない方が多数派のようです。

もっとも、この表現を覚える前に、上記のまとめに併記した=の表現も当然覚えておかなければいけません
くどくなるようですが、上の6つの例文を=の表現ですべて書き換えてみましょう

1. Why don't you go to the doctor?
1. How [What] about going to the doctor?
2. Why don't you come with us?
2. Won't [Will] you come with us?
2. How [What] about coming with us?
3. Why don't we eat out tonight?
3. Shall we eat out tonight?
3. How [What] about eating out tonight?
4. Why don't we play video games together?
4. Shall we play video games together?
4. How [What] about playing video games together?
5. Why don't I help you with your homework?
5. Shall I help you with your homework?
5. Do you want me to help you with your homework?
5. Would you like me to help you with your homework?
5. How [What] about helping you with your homework?
6. Why don't I call you back?
6. Shall I call you back?
6. Do you want me to call you back?
6. Would you like me to call you back?
6. How [What] about calling you back?

これらのうち、Why don't I V? はなぜか学校の教科書にはあまり使われていませんね。でも、英検のリスニングテストには出て来ますから覚えておきましょう

《質問》

動名詞の場合は、How about Ving?What about Ving?両方があるのに、なぜ How about (if) S+V? しかないのですか?
What about (if) S+V? は使われていないのですか?

《答え》

How about (if) S+V? ほど一般的ではないため、あえて紹介しませんでした。
でも、Google で検索すると、使っている人は結構いるようですね。

類似表現What if S+V? (SがVしたらどうなるだろう) というのがあって、こちらなら学校英語でも教えられているくらいですから、間違いなく正用法です。

A: What if I told my mom I'm pregnannt? pregnannt 妊娠している
A: ママに私が妊娠してるって言ったらどうなるだろう、
B: I'll bet she'll faint. I'll bet = I'm sure faint 気絶する
B: きっと気絶するわ。
A: What about [How about] (if I told it to) my dad, then?
A: じゃあ、パパに言ったらどうなる?
B: I'll bet your boyfriend'll faint.
B: きっと彼氏が気絶するわよ。
told仮定法過去形で、未来の可能性の低い仮定を表しています。

このような文脈で、「では~のほうはどうなんですか?」という状況なら、What about if S+V? も使ってもいいと私は思います。


この際、応用編なので徹底的に解説しておきます

What do you say to ~?How [What] about ~?
What do you say to Ving?How [What] about Ving?
What do you say (if) S+V?How about (if) S+V?

to about のこともあります。
if を使わない方が圧倒的多数のようです。

What do you say? にも同様の用法があってWhat do you say to ~?What do you say to Ving?大学入試に頻出です。(What do you say (if) S+V? はあまり一般的ではないので学校英語では学びません。)

例文を一つづつだけ挙げておきます

1. What do you say to a walk?
2. What do you say to going for a walk?
3. What do you say (if) we go for a walk?
1. 散歩に行くのはどうでしょう、散歩に行きませんか。


最初の6つの例文を暗記し、その6つの例文を類似表現に書き換えできるようにして、最後の What do you say?例文を3つとも覚えてしまいましょう


お疲れ様でした。 (^.^)


2015/05/13 12:05 [edit]

category: 高校英語・応用

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

to 不定詞 [to V] の用法-be to V の用法 その3 (上級向け)

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次



今回は be to V のちょっとハイレベルな用法を徒然[つれづれ]なるままに補足解説します。

be to V その1 を復習して来る

be to V その2 を復習して来る



予定の用法は過去でも使えます。

was[were] to VVすることになっていた、Vする予定だった

He was to arrive yesterday.
彼は昨日到着する予定だった。

この場合、本当に到着したかどうかは不明ですが、到着しなかったことを暗に意味している場合が多いです。

実現しなかったことをはっきり言いたければ to の後に完了不定詞[to have Vpp]を置いて

was[were] to have VppVすることになっていたのだが… Vする予定だったのだが…

を使います。

He was to have arrived yesterday.
彼は昨日到着することになっていたのだが…[予定だったのだが…]。
He was to arrive yesterday, but he didn't.



過去の場合「予定」は「運命」と表裏一体で、文脈次第でどちらにでもなります

We were to get married the next year.
私達はその翌年結婚することになっていた。 (予定)
We were to get married after all.
私達は結局結婚することになっていたんだ[する運命だったんだ]。 (運命)



次の文は非常にあいまいで、一応、可能に解釈できますが、微妙に運命・予定も入り混じったような感じがします。

I was told that I was to live only a year or so.
私は1年かそこらしか生きられない(運命・予定だ)と言われた。



「可能」の用法は「否定+to V の受動態 = not to be Vpp」で使うことが多い、と「be to V その1」で書きましたが、絶対ではありません

元々 cannot[can't] にも、「Vしてはいけない」という「禁止」の意味もありますから、禁止」に解釈できる場合もあります

This medicine is not to be taken by mouth.
この薬は口で摂取されては[飲用しては]いけない。

よく薬の説明書主語+be 動詞 を省略して

To be taken three times a day after meals.
食後1日3回服用のこと[← 摂取されるべし]

のような文が書かれていますが、一応義務に分類できるでしょうね。



条件節での「意図が、たまに主語が人ではなく無生物のことがあります。

We must work together if our dream is to come true.

このような場合は目的に解釈して、

もし我々の夢が実現することに向かうなら → 我々の夢が実現するためには → 我々のの夢を実現するためには我々は共に協力しなければならない。

と訳せばうまくいきます。

別の英語で書き換えると、

We must work together in order for our dream to come true.

になります。

We must work together if we want[intend] to make our dream come true.
もし我々の夢を実現したければ[するつもりならば]我々は共に協力しなければならない。

と書き換えることもできます。



be to V その1運命で次の例文を挙げました。

He was never to see his homeland again.
彼は二度と再び故郷を見ない運命だった。

では、次の英文はどうでしょう。

He went to the war, never to see his homeland again.

通常は、結果の不定詞に解釈して、

彼は戦争に行って(その結果)二度と再び故郷を見なかった。

と訳すのが普通です。

しかし、私はどちらも同じに感じます。

つまり、

彼は戦争に行ったが、二度と再び故郷を見ない運命だった。

と訳してもおかしくないような気がします。



文法的に個別に分類して一つ一つ丁寧に学習し、例文をたくさんインプットしていけば、最初は複雑に思えた文法の共通点が見えてきて、必ずシンプル化してきます

もっと簡単にいえば、「文法は覚えて忘れろ!」です。

そのための絶対条件は、「例文の理解+暗記」ということをお忘れなく!



最後に、あいまいな be to V を使わないではっきり「予定」「義務禁止」「可能」「運命」「意図目的」を述べたい時は次のような表現を使うとよいでしょう

be to V その1 に挙げた例文の書き換え付きで次に列挙しますから、余裕があれば覚えましょう

[予定] be scheduled to V ジュールド
1. The President is scheduled to visit Japan next year.
1. 大統領は来年日本を訪問する予定だ。

[義務] should V must V be supposed to V supposed to は ed を発音しないで ウスタ と発音する
2. You should come by 9 o'clock.
2. = You must come by 9 o'clock.
2. = You are supposed to come by 9 o’clock.
2. あなたは9時までにここに来なければならない(ことになっている)。

[禁止] should not V must not V be not supposed to V
3. You should not smoke in this room.
3. = You must not smoke in this room.
3. = You are not supposed to smoke in this room.
3. この部屋では煙草を吸ってはいけない(ことになっている)。

参考ページ be supposed to V の用法

[可能] can
4. My car could not be found anywhere.
4. = My car could be found nowhere.
4. = My car could be nowhere found.
4. 私の車はどこにも見つけられることができなかった → 見つからなかった。

[運命] be destined to V スティンド
5. He was destined never to see his homeland again.
5. 彼は二度と再び故郷を見ない運命だった。

[意図・目的] intend to V want to V (in order) to V
6. If you intend[want] to succeed, you must try harder.
6. もし成功するつもりなら[成功したければ]、もっと一生懸命努力しなければいけない。
6.You must try harder (in order) to succeed.
6.成功するためにはもっと一生懸命努力しなければいけない。



読了お疲れ様でした。(^.^)

今回は、最低最初の二つの例文だけは覚えておきましょう。(特に2つめ)

1. 彼は昨日到着する予定だった。
2. 彼は昨日到着することになっていたのだが…[予定だったのだが…]。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1. He was to arrive yesterday.
2. He was to have arrived yesterday.
2. = He was to arrive yesterday, but he didn't.



次回-to 不定詞 [to V] の用法-形容詞的[名詞限定]用法-導入

to 不定詞 [to + V] の用法-総合目次


2016/05/11 10:14 [edit]

category: 高校英語・応用

thread: 英語・英会話学習 - janre: 学校・教育

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top